かつての中村俊輔のように――包容力とギラギラ感を醸し出す長友佑都が若手たちと築く師弟関係

カテゴリ:日本代表

飯尾篤史

2019年01月17日

振り返れば岡田ジャパンの頃、中村俊輔のそばにはいつも「弟子」を公言していた長友の姿があった

若手と積極的にコミュニケーションを取る長友。豊富な経験を伝えつつ、自らも刺激を受けているという。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 UAEで開催されているアジアカップ。日本代表のトレーニング前に見られるお決まりの風景がある。32歳の長友佑都が20歳のふたり、堂安律と冨安健洋と3人でボールを浮かして落とさないように回す、リフティングゲームに興じているのだ。
 
 ところが、オマーン戦の2日後、いつもの光景はなかった。
 室屋成や三浦弦太とリフティングゲームに講じていた北川航也を長友が捕まえ、隣同士で座ってしばし会話すると、ランニングに入ってからも列の後方で並んで走ったのだ。

 オマーン戦に先発した北川は、不完全燃焼のまま途中交代に終わっていた。その試合後、長友は「まだ遠慮がある。ちょっと彼と話したいと思います」と語っていた。それを実行に移したわけだ。

 振り返れば、長友が日本代表に選ばれた岡田ジャパンの頃、中村俊輔のそばにはいつも「弟子」を公言していた長友の姿があった。食事の際には同じテーブルに座り、ランニングをする時も隣を走った。今大会における長友と堂安の師弟関係は、まるでかつての俊輔と長友の関係を彷彿とさせる。
 
 その俊輔が代表から引退したザックジャパン以降になると、長友は同級生の本田圭佑と並んで走るようになり、世界一を目指し、切磋琢磨を続けた。その盟友が代表チームを去った今、ベテランサイドバックの周りには若い選手たちがいる。
 
「僕自身も若い頃は試合に対して不安を覚えていた。そういうなかで俊さんや(中澤)佑二さんが支えてくれたから、そこで学んだものを彼に伝えたかった。ここで戦えるのは限られた人しか経験できないこと。この環境を楽しんでほしい」

 初選出から10年が経ち、酸いも甘いも噛み分けた長友が備えた、若手を包み込む包容力は、森保ジャパンにとって大きな武器となっているのは間違いない。
 
 もっとも、ただ、若手をサポートしているわけではない。
 トルクメニスタン戦の前、堂安、冨安との交流について問われた長友は、「声を掛けてというより、僕が入れてもらっているんですよ。自分自身も若返りたいんでね。彼らからエネルギーをもらって」と言って笑った。それが冗談に聞こえなかったのは、森保ジャパンに初合流したパナマ戦前にも「若い選手たちよりも走れないといけない」「ギラギラ感を失いたくない」「まだまだこれから」と語っていたからだ。
 
 若い選手から刺激をもらい、若手に負けないようにまだまだ自身をアップデートさせたい、という貪欲さがひしひしと伝わってくる。
 
 包容力とギラギラ感と――。サッカー選手としての成熟とは、こういうことを言うのだろう。若い代表チームのなかで長友佑都の存在がひときわ頼もしく感じられる。

取材・文●飯尾篤史(スポーツライター)
【関連記事】
【アジアカップ展望】日本代表の決勝T1回戦の相手は豪州か、それとも…それぞれの対戦成績は?
長友、大迫、吉田が若手へ愛ある檄「ハンドルを握るように」「もっと怒ったって良い」|アジア杯
「リアルおっさんずラブ笑」主将・吉田の両肩で長友&槙野がスヤスヤ眠る一枚が…|アジア杯
【アジア杯/コラム】“仕掛け人”南野の献身。決定力ゼロでも光った粘着質なドリブル
【オマーン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、釜本邦茂、採点&寸評、プレー分析、PHOTOギャラリーetc.

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月7日発売
    2018-2019欧州サッカー
    「優良クラブ」ランキング
    もっとも費用対効果が高いのは?
    フットボールマネー最新事情
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ