バルサが獲得すべきはモラタ? ジョレンテ? スペイン紙のアンケートに10万人を超える回答者は…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月13日

どちらでもなく「その他」が最多。

バルサはこの冬、新たなCFの獲得に動くのか? (C)Getty Images

画像を見る

 エースのルイス・スアレスが今月で32歳となるバルセロナは、以前からCFの獲得が取りざたされている。だが冬の移籍マーケットで新選手を獲得する前に、既存の戦力がチームを去った。1月11日、セビージャがムニル・エル・ハッダディの獲得を発表している。

 リオネル・メッシやウスマンヌ・デンベレを「偽9番」として起用することもあるエルネスト・バルベルデ監督だが、新たなストライカーの獲得を望んでいるのは言うまでもない。
 
『ESPN』によると、バルベルデ監督は12日の会見で、「ムニルが去って我々にはスペースがある。ラフィーニャもケガをしているからなおさらだ」と補強に言及した。

「いまは移籍市場が開いている。だれか獲得できるか見ていくよ。どんな補強であっても、金銭面も考慮しなければいけないがね。だれか加わるか、様子を見よう。加わらなければ、Bチームの選手たちを見ていく」

 候補として騒がれているのは、チェルシーのアルバロ・モラタやトッテナムのフェルナンド・ジョレンテだ。どんなタイプを望むか問われると、バルベルデ監督は「分からない」と答えている。

「こういう状況では、すぐに適応できる選手であることが重要だ。加入してすぐにプレーしたジェイソン・ムリージョのようにね。(クラブとリーグを)知っていて、すぐにプレーできることが大切だよ。ただ、だれも加わらなければ、いまの選手たちで前進する」

 サポーターはモラタやジョレンテ以外のストライカーを望んでいるようだ。「バルサが獲得すべきCFは?」とのスペイン紙『Marca』のアンケートでは、10万人を超えるサポーターのうち、33%がモラタ、16%がジョレンテと回答。37%は「その他」だった。

 あと約半月となった冬のマーケットで、バルサはバルベルデ監督が望み、サポーターの期待に見合うようなストライカーを獲得することができるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ