前回王者のオーストラリアがまさかの黒星スタート!大金星のヨルダンが暫定ながらB組1位に

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月06日

豪州メディアも「ひどいパフォーマンスだった」とショックを隠せず

オーストラリアはセットプレーから失点。前半に奪われたこの1点が決勝点になり、ヨルダンに敗れた。(C)Getty Images

画像を見る

 UAEで開催されているアジアカップは現地6日、グループBの第1節を行ない、前回王者のオーストラリアがヨルダンに0-1で敗れた。
 
 オーストラリアはDFミロシュ・デゲネクやMFマーク・ミリガン、FWロビー・クルーズら昨年のワールドカップに参戦した実力者を先発で送り出し、試合序盤の主導権を握った。しかし、ゴールを奪えずにいると、26分にショートコーナーからヨルダンのDFアナス・バニ・ヤシーンにヘッドを決められ、先制点を献上してしまう。
 
 1点のビハインドを背負ったディフェンディングチャンピオンは、後半に入ると46分にDFジョシュ・リズドン、55分にMFクリストファー・イコノミディス、74分にMFジャクソン・アーバインと次々に選手を送り出したが、ヨルダンの守備を崩せず。圧倒的にポゼッション率で上回りながらも、1点が奪えないまま試合終了の笛を聞き、まさかの黒星スタートとなった。
 
 この敗戦に豪州メディアもショックを隠せなかったようで、「オーストラリアがヨルダンに0-1で敗れる…ひどいパフォーマンスだった」と『THE WORLD GAME』が断じれば、『EURO SPORTS』のオーストラリア版も「衝撃的な敗北」と報じている。
 
 グループBのもう1試合、シリア対パレスチナ戦は現地6日の20時にキックオフ(日本時間7日1時)。初戦に敗れたオーストラリアは現地11日の第2節でパレスチナと対戦し、ヨルダンは現地10日にシリアと戦う。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ