【番記者通信】勝者のいない“守護神論争”の決着は――|R・マドリー

カテゴリ:メガクラブ

パブロ・ポロ

2014年03月11日

些細なミスをあげつらって、D・ロペスを批判する論調。

問題しか生まない、カシージャス(左)とD・ロペス(右)の併用。D・ロペスの放出で守護神論争は終息か。(C)Getty Images

画像を見る

 ゴールマウスを巡る論争が尽きない。私の取材によると、この夏にはどちらかのGKがクラブを後にする。イケル・カシージャスか、ディエゴ・ロペスか、だ。カルロ・アンチェロッティ監督は認めなくても、一方が退団することはほぼ確実だ。

 この論争で誰よりも被害を被っているのは、D・ロペスだろう。どんなに良いプレーをしても、カシージャスを愛するメディアやファンによって、ほんの些細なミスをあげつらわれ、針小棒大に喧伝されるからだ。アンチェロッティもカシージャスも、もちろん被害者だろう。カシージャスは、正GKに関する質問に疲れ果てている。誰もがそのことを彼に問い、主将は同じ答を繰り返さなければならない。

 先日のマドリードダービーでも、守護神論争は熱くなった。きっかけは、アトレティコのガビが決めた32メートルのミドルシュート。たしかに、D・ロペスに非はあった。それは間違いない。しかし、私はこう指摘したい。
「もしカシージャスが正GKで同じようなミスを犯したら、はたして周囲は同じように批判をしただろうか?」
 答は間違いなくNOだ。

 こうした状況に、クラブは終止符を打ちたがっている。ディエゴ対イケルの構図は、ピッチ内外で問題しか生まないからだ。

 6月にマドリーを後にするのはディエゴのほうだと、私は思っている。ディエゴは素晴らしいパフォーマンスを見せており、多くのクラブが獲得に関心を示している。この騒動を治めたがっているマドリーにしても、それほど巨額の移籍金は要求しないだろう。

 この状況を冷静に受け止めつづけているカシージャスの振る舞いを、クラブは評価する。もちろん、国王杯とチャンピオンズ・リーグでのパフォーマンスに対してもだ。ディエゴとイケルの併用――それは結婚した夫婦にも似ている――は、いずれにしてもこの6月までだろう。

 どちらもベンチには座りたくない。アンチェロッティが決めた、「リーグ戦はディエゴ、国王杯とチャンピオンズ・リーグはイケル」という分業制は、ここまでは機能しているとはいえ、ずっと続くものではない。


【記者】
Pablo POLO|MARCA
パブロ・ポロ/マルカ
スペイン最大のスポーツ紙『マルカ』でレアル・マドリー番を務める敏腕記者。フランス語を操り、フランスやアフリカ系の選手とも親密な関係を築いている。アトレティコ番の経験もあり、首都の2大クラブに明るい。

【翻訳】
豊福晋
【関連記事】
【番記者通信】ベンゼマへの確信|R・マドリー
【番記者通信】称賛すべき、指揮官の決断|R・マドリー
ラウール以来のカンテラの星――ヘセ|R・マドリー

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ