【選手権】流経大柏の怪物DF関川郁万ここにあり!圧巻のヘディング弾で鹿島入団内定の実力を誇示!

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年01月03日

滞空時間の長いジャンプから豪快なヘッドで決勝弾!

ゴールを決め、笑顔が弾けた関川。1年前に味わった雪辱を晴らすべく、CBながらゴール量産を誓う。写真:田中研治

画像を見る

[高校選手権・3回戦]流経大柏 1-0 星稜 /1月3日/フクアリ
 
 ゴールが決まった瞬間、スタジアムは大いに沸いた。
 
 1月3日、流経大柏は高校サッカー選手権の3回戦に挑み、星稜を1-0で破って8強進出が決定。その立役者になったのは、鹿島入団内定の関川郁万(3年)だ。開始早々の前半5分に芹田悠真(3年)の右CKにファーサイドで反応。圧倒的な跳躍力を利したヘディングでゴールネットを揺らすと、笑顔が弾けた。
 
「自分はヘディングしかない。対人プレーもそんなに強いわけではないし、(味方のDFを)声で動かせるタイプでもない。試合に出続けるためには相手の攻撃をヘディングで跳ね返して、得点を決めないといけない」
 
 自らがきっぱりと言い切る唯一無二の武器で決勝ゴールを奪い、守っても無失点。攻守で強烈な存在感を示した関川は試合後、「やっぱり選手権は楽しいですね」と改めて大舞台で戦える喜びを噛み締めた。
 
 思い返せば、2018年は苦難の連続だった。準優勝に終わった昨年度の選手権では右膝の半月板を負傷した状態でプレーを続けたため、大会終了直後に手術。新チームではキャプテンを任されるも、6月上旬までリハビリを余儀なくされて苦しい時期を過ごした。

 夏のインターハイ予選も突貫工事でなんとか間に合わせたが、万全ではなく低調なパフォーマンスに終始。チームも準決勝で敗れ、全国行きを逃す結果となった。夏休みには主将の大役を左部開斗(3年)に譲るなど、ピッチ外も含めて思い通りに事を進められない。そうした日々が関川を最後の冬に駆り立てた。
 
 絶対に選手権に出場する――。強く決意を固めた男は並々ならぬ意欲で予選に挑み、チームを本大会へと導いた。そして、今は4058校の頂点しか見据えていない。ただ、気負いはなく、グラウンドでは誰よりも楽しんでいる。
 
「お客さんがたくさん来てくれる楽しさもあるし、歓声が大きいのも選手権ならではの雰囲気ですよね」
 
 最終学年を迎えてからは初めて挑む全国舞台。関川は誰よりも楽しみ、高校生活最後の冬を最高の形で締めくくる。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWEB編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ