「自分が遊んでいた頃とは全然違う」カズがトークショーを開催!久しぶりの渋谷に驚きを隠せず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月23日

すで来季に向けて始動。52歳で迎える新シーズンに意欲満々

グアムの1次自主トレーニングから前日に帰ってきたばかりだというカズ。精悍な顔付きはまるでオフシーズンのサッカー選手とは思えないものだった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 12月23日、スーパースポーツゼビオ渋谷公園通り店で「PUMA Presents 三浦知良トークショー」が開催された。
 
「自分が遊んでいた頃とは全然違う」と久しぶりの渋谷に少々戸惑い気味だった“キングカズ”。しかし、トークショーが始まると終始笑顔で、ブラジル時代の思い出やスパイクへのこだわりなどを赤裸々に語って会場を盛り上げた。
 
 そのなかで自身のパフォーマンスについても言及。リーグ戦9試合の出場に終わった今季についてはまったく納得できていないとした。捲土重来を期すべく、すでに来季に向けた準備を進めており、前日までグアムで自主トレーニングを行なっていたという。肌は日に焼けており、オフシーズンのサッカー選手とは思えない精悍な顔付きからは来季に懸ける意気込みがひしひしと伝わってきた。
 
 約40分間にわたって行なわれたトークショーの終盤にはサポーターと直接交流し、記念撮影会やサイン入りグッズを懸けたじゃんけん大会を実施。トークショーに幅広い年代が集まったこともあり、とりわけフォトセッションでは老若男女問わずに多くのファンが壇上に殺到した。だが、そこはさすがカズ。その一人ひとりの要望に応え、気さくに写真撮影を行なう神対応を見せた。
 
 現時点で来季の所属先などについて正式にアナウンスはされていないが、カズは新シーズンに向けて着々と準備を進めている。「いつも応援していただき、ありがとうございます。こうやって、僕がここに立っていられるのも皆さんの声援があるからです。これから先、また頑張れるのも皆さんからパワーを頂いているからだと思うので、これからも応援をよろしくお願いします」という言葉でトークショーを締めくくった。

 カズは年明け1月5日から再びグアムに渡り、プロ34年目のシーズンに向けて準備を進めていく。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ