クラブW杯3決、鹿島は1点ビハインドで後半へ…好守連発の守護神が負傷離脱のアクシデント

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月22日

GK交代の直後に失点…

CKから先制点を許した鹿島。後半に巻き返しを期す。(C) Getty Images

画像を見る

 クラブワールドカップの3位決定戦、鹿島アントラーズ対リーベル・プレートの一戦は12月22日、UAEのザイード・スポーツシティ・スタジアムで日本時間の22時30分のキックオフで行なわれている。

 試合は立ち上がりからリーベル・プレートが攻勢を強め、前線のアルバレス、ボレに強烈なシュートを撃ち込まれるが、守護神のクォン・スンテが立ちはだかり、二度の好セーブで難を逃れる。

 しかし7分、鹿島にアクシデント。最終ラインの裏に抜け出したボレと飛び出したクォン・スンテが交錯。クォン・スンテは右足を痛め、ピッチにうずくまると、応急処置をしたスタッフからは×印のサインが。しかし、数分間の処置のあと、今度は一転してプレー続行の意思を示し、セットプレーから再開された。ただし、クォン・スンテは痛めたと思われる右足ではなく、左足で蹴るなど不安を覗かせている。
 
 10分、今度は鹿島に決定機が訪れる。右CKから遠藤康がインスイングのキックを入れると、ファーサイドに飛び込んだチョン・スンヒョンが押し込もうとするが、相手GKにゴールライン上で弾かれ、惜しくもゴールはならなかった。

 22分、ボレとの交錯からプレーを続行していたクォン・スンテだが、ベンチに向かって自ら×印を出し、曽ケ端準との交代でピッチを退くこととなった。

 すると直後のCKで、鹿島は先制を許してしまう。右CKからスクリーニに頭で押し込まれ、ゴールネットを揺らされた。リーベルが1点をリードする。

 鹿島はさらにリーベルの攻勢を許し、決定的なシュートを撃ち込まれるが、曽ケ端がビッグセーブでピンチを凌ぐ。

 すると鹿島は前半終了間際、左サイドからドリブルで切れ込んだ安部裕葵がDFをかわして、決定的なシュートを放つ。これは相手の身体を張ったブロックに止められ、こぼれ球に反応した安西幸輝のシュートもクロスバーを直撃してゴールには至らなかった。

 前半は1対0で終了のホイッスル。鹿島は1点のビハインドで勝負の45分を迎えることとなった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ