「パリSG、マドリー、バルサだけが僕の気持ちを変えられた」 40歳ブッフォン、現役続行の理由を明かす

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月20日

「最も大事なのは情熱ではなくチャレンジ」

明言こそしなかったものの、ユーベでの引退決意を固めていたというブッフォン。パリSGからのオファーが、ベテランGKをふたたびピッチに向かわせた。(C)Getty Images

画像を見る

 40歳のジャンルイジ・ブッフォンは昨夏、長年過ごしたユベントスを去り、パリ・サンジェルマンで新たな人生を歩むことを決めた。

 ブッフォンは当初、ユーベで栄えあるキャリアに終止符を打つ考えだった。だが、その考えを覆せるクラブが3つあったという。それが、パリSG、レアル・マドリー、バルセロナだ。

『ESPN』によると、ブッフォンはフランスのラジオ局『RMC』で、「最も大事なのは、もはや情熱ではないんだ。チャレンジなんだよ。僕は挑戦するのが大好きでね」と、パリSG移籍を決めた理由を振り返った。

「僕は引退することを決断していた。その僕の気持ちを変えることができたのは、パリSG、マドリー、そしてバルセロナからの誘いだけだったんだ」

「夢や狂気の沙汰でしかなかった。でも、それが実現した。僕はすでに引退後の生活への準備もしていた。でも5月に連絡があり、2週間考えた。そして、あと1~2シーズンはできると決断したんだ」
 
 チャレンジのために現役を続ける決意を固めたブッフォンだけに、最前線で戦えなくなってまでプレーするつもりはなく、「最高のレベルでプレーしながら引退したい」と述べている。

「引退することへの恐れはない。自分の中から競争心が失われたと感じたら、もちろん(引退することは)問題にならない。すぐに身を引くつもりさ」

 今シーズンのブッフォンは、トーマス・トゥヘル監督の下でリーグ・アンの7試合に出場。チャンピオンズ・リーグでも、出場停止が明けてからの3試合すべてに出場するなど、公式戦の12試合でゴールマウスを守り、4試合でクリーンシートを達成している。

 来月で41歳になるブッフォンは、さらに伝説をつくり続けていくのだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ