スペイン紙、ビジャ効果で「日本行きを選択した10人のクラック」を紹介。その選考基準が謎すぎて…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月02日

ジーコは? ストイコビッチは? レオナルドは?

このビジャ(左)やF・トーレス(右)はたしかにクラックだが、ジーコを筆頭に“忘れられた名手”も多く…。(C)Getty Images

画像を見る

 J1のヴィッセル神戸は12月1日、元スペイン代表のダビド・ビジャが来シーズンから加入すると発表した。アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキとの豪華トリオ結成に、周囲の期待は高まっている。

 Jリーグでは、サガン鳥栖にフェルナンド・トーレスも在籍する。2010年のワールドカップ(W杯)優勝メンバーが3人もプレーするとなれば、世界的な注目度が高まっても不思議ではない。

 ビジャの神戸移籍が発表されたその日、スペインでは『AS』紙が電子版で、「日本へ向かった10人のクラック」という画像ギャラリー記事を公開した。Jリーグでプレーした歴代のクラックを紹介したものだ。
 
『AS』紙が選んだのは、ビジャとイニエスタ、F・トーレス、ポドルスキの4選手に加え、かつて日本にやってきたビッグネームたち。ガリー・リネカー(元名古屋)、ミカエル・ラウドルップ(元神戸)、フリスト・ストイチコフ(元柏)、フッキ(元川崎、札幌、東京ヴェルディ)、ベベト(元鹿島)、ドゥンガ(元磐田)の6選手だ。

 言わずもがな、Jリーグでプレーした大物外国人選手はほかにも大勢いる。日本代表監督まで務めたジーコを筆頭に、ジョルジーニョやレオナルド、ラモン・ディアスといった南米勢や、ピエール・リトバルスキーやギド・ブッフバルト、ドラガン・ストイコビッチといった欧州の名手たちもいた。

 ビジャたちの先輩、フリオ・サリーナスやアイトール・ベギリスタインといった元スペイン代表もJリーグでプレーし、最近ではディエゴ・フォルランが記憶に新しい。ビッグネームのすべてを挙げていれば、キリがない。

 それらの選手たちを追いやり、「10人のクラック」がどのように選ばれたかは分からないが、いずれにしても今後、スペインにおいて日本サッカー界の注目度がさらに高まるのか気になるところだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ