【Jリーグ真相レポート】新潟から名古屋へ 川又堅碁 移籍のなぜ?

カテゴリ:Jリーグ

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年08月13日

「戦う準備ができていない」と柳下監督。

新潟から名古屋への移籍が決まった川又。決断に至った理由とは――。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 川又堅碁の名古屋への移籍が決まった。昨季は23ゴールを挙げ、J1のベストイレブンにも輝いたストライカーが、シーズン途中に移籍することになったのは、チーム内での序列が下がったピッチ内の問題に、契約問題が重なったためだ。
 
 川又は昨季、期限付き移籍先のJ2岡山から新潟に復帰。日本人選手ではクラブ初となるJ1でのハットトリックを達成するなど、ゴールを量産して一気に注目を集めた。今季はワールドカップを前に1トップを固定できずにいた日本代表への待望論も出て、4月には日本代表候補に選出。残念ながら本大会の登録メンバーには残れなかったが、むしろ本人は悔しさを闘志に変え、4年後を目指して燃えていた。
 
 しかしその思いとは裏腹に、ゴール前での迫力が薄らいでしまっていた。その背景にはチームのスタイルの変化があった。J1昇格以降、堅守速攻で戦ってきた新潟は、ACL出場権獲得を目標に掲げ、ポゼッションサッカーを標榜。そして、「2年前とはサッカーの質が全然違う」と柳下監督が言うように、ゴールの数こそ思うように伸びていないが、どの相手にもポゼッションで互角以上の勝負ができるまでに進化を遂げた。
 
 ハイプレスからのショートカウンターが真骨頂だった昨季は、攻撃に移った瞬間、目前にはスペースが広がった。高い身体能力を活かしてゴール前へダイナミックに飛び込む川又のプレースタイルは、それにはまった。しかしポゼッションを標榜する今季は、狭いスペースで何度も動き直し、出し手とタイミングを合わせてパスを受ける繊細なプレーが求められ、川又はその新機軸にうまく対応できずにいた。
 
 中断前は柳下監督も川又の適応を期待していたが、新戦術に対応した岡本、鈴木の成長もあって中断開けに決断を下す。初戦の浦和戦で川又を登録外とすると、その後もベンチ外に置き続けた。指揮官は浦和戦後の会見で「戦う準備ができていない」とその理由を話した。自分のスタイルを変えようとしない。柳下監督の目にはそう映っていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ