日本代表、ベネズエラに1-1ドローで4連勝ならず… 新世代トリオが存在感を放つも勝ち越せず

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月16日

90分を通じて多くのチャンスを作るも勝ち越し点は決め切れず

前半、惜しくもシュートを外して悔しがる堂安。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 国際親善試合の日本代表対ベネズエラ代表は11月16日、大分スポーツ公園総合競技場で19時30分のキックオフで行なわれ、1対1の引き分けに終わった。

 日本代表は、GKに代表デビューとなるシュミット・ダニエルを起用。最終ラインは右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、佐々木翔が並び、ボランチは遠藤航と柴崎岳のコンビに。2列目は右サイドに堂安律、左サイドに中島翔哉が入り、2トップは南野拓実と大迫勇也という組み合わせでスタートした。

 日本は開始10分に、ロンドンにシュートを押し込まれるが、19歳のCB冨安健洋が間一髪でスライディングクリア。立ち上がりの大ピンチを凌いだ。14分にも相手のセットプレーを凌いだ日本は、15分過ぎから反撃。中島、堂安、南野の新世代トリオに最前線の大迫が絡んでベネズエラゴールに迫っていく。26分に堂安、34分には中島が決定的なシュートを放つが、ネットを揺らすことはできない。

 しかし39分、日本は敵陣右サイドでFKを得ると、中島のクロスに酒井宏が右足のボレーで合わせ、ゴールネットを揺らす。日本が酒井宏の代表初ゴールでついに先制に成功した。

 前半を1点リードで折り返した日本は、後半も堂安、中島の2列目のコンビが躍動してチャンスを量産。決定機も迎えたが、相手の好守に阻まれ、追加点を奪うことはできない。

 日本は68分、大迫に代えて北川航也を、中島に代えて原口元気を投入する。75分には原口がゴール前を突破し、シュートを放つもののまたしてもGKロモの好守に阻まれた。

 すると81分、日本は自陣ペナルティエリア内でのファウルからPKを献上。これをトマス・リンコンに決められ、試合は1-1の振り出しに戻された。

 その後も敵陣へ押し込んだ日本。後半アディショナルタイムには吉田がセットプレーの流れから押し込んだが、これはオフサイドの判定。結局、勝ち越しゴールは生まれず1対1でタイムアップ。日本は新体制4試合目にして勝利を逃し、連勝は3で止まった。

【日本代表PHOTO】日本1-1ベネズエラ|酒井宏樹が代表初ゴールもPKで失点。森保ジャパン連勝を「3」でストップ
 
【日本代表PHOTO】日本×ベネズエラ戦の女子サポーターたち!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ