2位の広島が2-0から痛恨の逆転負け…終了間際にPKを取られ、試合後に指揮官は猛抗議

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月03日

2点を奪うまでは良かったが…

衝撃的な逆転負けに、城福監督は悔しさを隠さなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ31節]磐田3-2広島/11月3日/ヤマハ
 
 J1リーグ31節のジュビロ磐田対サンフレッチェ広島が3日、ヤマハスタジアムで行なわれ、2位の広島が2-0から痛恨の逆転負けを喫した。
 
 逆転優勝のために勝点3がほしかった広島は、31分に先制。柴崎晃誠のCKを野上結貴がそらすと、そこに走り込んできたティーラシンが頭で押し込んでネットを揺らした。広島は1点リードで迎えた後半も主導権を握って試合を進め、59分にもティーラシンが絡んで追加点を挙げる。右からのクロスをペナルティエリア内で受けたタイ人ストライカーは、冷静にフリーの和田拓也にパスを通してゴールを演出した。
 
 しかし、ここから守備が決壊する。2点目の6分後、65分にCKのこぼれ球を川又堅碁に詰められると、80分に途中出場の櫻内渚に2点目を許してしまう。そして迎えたアディショナルタイム。CKの競り合いでベサルト・ベリーシャが相手を倒したとしてPKの判定が下され、これを小川航基に決められて万事休した。
 
 試合はPKが決まった直後に終了。2点差からのまさかの敗戦に選手たちは肩を落とし、城福浩監督は主審に猛抗議した。この敗戦で広島と首位・川崎フロンターレの勝点差は7、得失点差は14に。残り3試合での逆転優勝は、極めて難しい状況に追い込まれている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ