MVP獲りも公言!! AFC公式がU-19日本代表の準決勝の相手、サウジの絶対的エースを大特集!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月31日

昨シーズンのサウジプロリーグ・ヤングプレーヤー賞を受賞したホープ

オーストラリア戦では獅子奮迅の働きでU-20W杯出場権の獲得に貢献。日本にとってもトゥルキは要注意の選手だ。(C) Getty Images

画像を見る

 U-19アジア選手権は10月29日までに4強が出揃った。開催国インドネシアを完全アウェーのなかで撃破して4強入りした日本は、11月1日にサウジアラビアと激突。2大会連続のアジア制覇へ前回大会の決勝でも相まみえた宿敵との対戦となった。


 対峙するサウジアラビアは強力な攻撃陣を擁する手強いチームだが、AFC(アジア・サッカー連盟)はこのほど、若きグリーンファルコンズ(サウジアラビア代表の愛称)のエースストライカー、トゥルキ・アル・アマルをフォーカスした特集記事を掲載している。

 準々決勝のオーストラリア戦では、「主役を演じて、サウジアラビアをU-20ワールドカップの舞台に戻らせた」と、その活躍ぶりを評価。7分には左サイドを豪快に単独突破して、力強く先制のゴールを決め切った。AFCはさらに、オーストラリア戦のゴールだけでなく、今大会を通じたトゥルキのパフォーマンスと代表チーム内での存在の大きさを次のように述べている。
「昨シーズンのサウジ・プロリーグでヤングプレーヤー賞を受賞したアル・アマルは、ハリド・アブドゥラ・アタウィ監督のチームにおける最も輝かしい光であり、今大会では3回の先発出場で、2ゴールを挙げ、6本のキーパス(シュートにつながったパス)を通してチームに貢献している」

 準決勝で対戦する日本にとっても警戒すべき相手であるトゥルキだが、AFCによれば今大会の目標は、日曜の決勝戦のあとにMVPを獲得することだと、公言もしている。
 
「僕の夢はチームメイトの助けを借りて、この大会でベストプレーヤーになること。チームメイトが自分のすべての成功のための燃料となってくれる」
「監督は僕がMVPを獲ることができると言ってくれた。だから彼が僕を誇りに思ってくれるようハードワークしたいし、トロフィーを獲るために全力を尽くすつもりだよ」

 準々決勝でも見せた快足を活かした突破力はやはり脅威だ。日本がアジア連覇を達成するためにも、サウジアラビアの10番、トゥルキ・アル・アマルに注意したい。
【関連記事】
英誌が選ぶ「アジアのヤングスターベスト5」に久保建英が選出! "日本の驚異的なアタッカー"にパリSGなども注目と報じる
U-19日本代表、準決勝の相手はサウジアラビアに!! 強力2トップが豪州を粉砕!
「センセーショナルな一撃!」「力の差は歴然」FIFA公式がU-19日本代表の“ポーランド行き”を詳報
リーベル、土壇場の大逆転劇で3年ぶりの南米制覇に王手! グレミオはVARでのPK判定に泣く
宇佐美貴史、同点ゴールをアシスト! デュッセルドルフは開始1分で失点も5発大勝でDFB杯3回戦へ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ