「まさに難攻不落だ!」「傑出した集団」熱戦を制したU-19日本代表を海外メディアが激賞!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月29日

「勇敢なるインドネシアの進撃を阻んだ」

W杯行きのチケットを手に入れ、歓喜が弾ける影山ジャパン。大会連覇に向けて、盤石の歩みを見せている。写真:佐藤博之

画像を見る

 6万大観衆で埋め尽くされた完全アウェーの状況下、U-19日本代表は逞しく勝利をもぎ取った。
 
 日曜日にインドネシアで行なわれたU-19アジア選手権準々決勝、インドネシア戦。影山雅永監督が指揮を執る日本は40分に東俊希が、70分に宮代大聖がそれぞれゴールを挙げて2-0の快勝を飾り、見事U-20ワールドカップ行きの切符を獲得した。
 
 米ネットワーク『Fox Sports Asia』のアジアサッカー通記者、ガブリエル・タン氏は「勇敢なるインドネシアの進撃は日本によって阻まれた」と題し、ジャカルタの熱闘をレポート。日本の総合力の高さと抜け目ない戦いぶりを称えている。
 
「インドネシアは持てる力を存分に発揮して挑んだが、日本はやはり傑出した集団だった。主導権を握られたまま、前半終了5分前に止めようのない30ヤードの豪快ショットをヒガシに決められてしまう。大雨のなかで絶叫に近い声援を贈るファンの想いに応えようと、インドネシアは後半に懸命の反撃を試みるが、やはりゴールは遠い。68分の決定的なFKもタニ(谷晃生)のスーパーセーブにブロックされ、逆に70分、日本のサッカーパンチ(いきなりのパンチ)によってリードを広げられるのだ。クボ(久保建英)とミヤシロの連携から引導を渡された」
 
 さらにタン記者は、日本DF陣の堅牢ぶりを絶賛。「インドネシアは最後までタオルを投げずに果敢に1点を追ったが、日本のディフェンスはまさしく難攻不落で、常に高い強度を保ち続けた。とくに2-0としてからは盤石のゲーム運びだった」と評した。そして同記者はツイッター上で「素晴らしい戦いを見せてくれたインドネシアの選手たちを称えたい。うつむかずに胸を張ってほしい!」と熱いエールを贈っている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ