「サムライは元気です!」手術成功の長友佑都がファンに向けて待望の“声”を発信!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月28日

「10年間ほとんど休みなく突っ走ってきたので…」

突然の病苦に見舞われた長友。一日も早い回復を祈るばかりだ。(C)Getty Images

画像を見る

 ファン待望の“声”がようやく届いた。
 
 ガラタサライ所属の日本代表DF長友佑都が自身のSNSを更新した。先週水曜日のチャンピンズ・リーグ(シャルケ戦)で終盤に胸を押さえたまま退場し、その後に肺が委縮する「肺気胸」であることが判明、10月27日に手術を受けた。クラブの公式サイトはすぐさま手術が成功したことを伝え、3~4日の経過観察後に退院できる見込みだと発表した。

 
 そんななか、ついに長友本人が自身の言葉で想いを伝えた。「昨日無事肺の手術を終えました」と書き始め、「プロになって10年間ほとんど休みなく突っ走ってきたので、こういうことがない限り自分は止まれなかったんだろうな。まずはしっかり治療してまた元気な姿見せられるように頑張ります!」と赤裸々に綴った。
 
 さらのその直後にはトルコ語と英語でもメッセージを配信。こちらはより明るいトーンで「どうか心配しないでください。ガラタサライのサムライ戦士は元気です! みなさんの素晴らしい応援とサポートに感謝しています。また会える日を楽しみにしています」と書き込んだ。
 
 明確な完治の時期は示されておらず、トルコ国内のメディアも1か月程度とするものがあれば、復帰までに最低3か月はかかるとする媒体も。11月の日本代表2連戦は欠場が決定的で、年明けのアジアカップ出場も微妙な情勢ではある。
 
 いずれにせよ、一日も早い回復を祈るばかりだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ