中島翔哉はベンチ外もポルティモネンセは1-0で勝利! 指揮官が明かした10番不在の理由は!?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月27日

1点を守り切ってリーグ戦2連勝

パナマ戦、そしてウルグアイ戦に招集されていた中島。リーグ戦出場は、ホームゲームの次節以降になりそうだ。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ポルティモネンセは10月26日(現地時間)、リーガNOS(ポルトガルリーグ1部)第8節でナシオナウとアウェーで対戦し、1-0で勝利した。

 前節スポルティング戦で2ゴール2アシストを記録してチームを勝利に導いた中島翔哉は、ベンチ外となった。

 試合は28分、ポルティモネンセのエベルトンがゴールを決めて先制。このリードを守り切って勝利し、今シーズン初のリーグ戦2連勝を飾っている。

 ポルトガル紙『Record』は、試合後の会見でアントニオ・フォーリャ監督が「ピッチでは、最も優れたチームが勝利する。今日の我々は、それに値したと思う」と語ったことを伝えた。

 また同紙は、フォーリャ監督が中島の不在について言及したことも報じている。

「ナカジマの“欠席”は、シンプルな理由だ。彼は日本代表に招集されたためにチームを離れていたし、長距離を移動しなければならなかった。リーグ戦はまだ続く。これから予定されている多くのゲームで必要な存在なので、チームとしてプレーヤーを”温存”することを決めた。彼の能力を惜しむ気持ちはあるが、我々の今後の”旅路”のため、今日の試合では使わないという選択をしたということだ」

 ナシオナウは、クリスチアーノ・ロナウドの出身地としてもよく知られているマデイラ諸島のフンシャルに本拠地を置いており、ポルティモネンセのホームであるポルティマンとは遠く離れている。代表明けで戻ったばかりの中島にさらなる負担をかけないため、指揮官は温存という判断を下したわけだ。

 ポルティモネンセは次節、11月3日(現地時間)にホームでベレネンセスと対戦するが、ここで元気な中島のプレーを見ることができるだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ