【ルヴァン杯|横浜】左足負傷の“ニューヒーロー賞”遠藤渓太は、決勝に間に合うのか!?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年10月26日

「気持ちの問題。やれると思ったらやれる」

前日練習は別メニュー調整だった遠藤。左太ももを痛めているが、はたして決勝の舞台には立てるのか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 翌日にルヴァンカップ決勝を控えるなか、冒頭15分だけ公開された前日練習で、横浜の遠藤渓太は別メニュー調整だった。
 
 10月20日に行なわれたJ1・30節のG大阪戦で左太ももを負傷。その後の状態が心配されていたが、まだ“完全復活”はできていないようだ。
 
 今大会のニューヒーロー賞も受賞した将来有望なアタッカーは、「怪我自体はそんなに長引くものではない。やれることはしっかりやりたい」と現状を語る。
 
 痛みはだいぶ引いてきているとのことで、「だいぶ良い感じです」と順調に回復しているのは間違いない。
 
 では、ファイナルの舞台に立てるのか。
 
「明日は分からないです。僕の口からはなんとも言えないし、僕が決めることでもでないので」
 
 自分の中で試合ができる感覚はあるかどうかを聞かれれば、「気持ちの問題じゃないですか。やれると思ったらやれるし」と気丈に振る舞う。

 先発は難しいかもしれないが、時間は短くても、試合の流れを変えるような切り札的な起用ならありか。いずれにせよ、チーム一丸となって決戦を迎える覚悟で「チームとして、全員でしっかり、勝つための準備を今からできればいいかなと思います」と意気込みを語った。

【ルヴァンPHOTO】あの選手がチーム愛溢れる髪型に?!両チームの前日練習の様子をお届け!
【関連記事】
【ルヴァン杯|横浜】4月の対戦で圧巻ハット。“湘南キラー”ウーゴ・ヴィエイラの戦略
【ルヴァン杯|横浜】守護神・飯倉大樹がこだわる「自分たちのサッカーの意志」
【ルヴァン杯|横浜】仲川輝人が気合いのトリコロール・ヘアー! 本人は「恥ずかしいです」
【ルヴァン杯|横浜】扇原貴宏が語るタイトル奪取への「近道であり、唯一の方法」とは?
【ルヴァン杯|横浜】打ち合いも上等!? 指揮官は「ドキドキした状況で」タイトル奪還を目指す

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ