• トップ
  • ニュース一覧
  • 鹿島が描くACL決勝進出への"必勝プラン”「誰が点を取ってもいい」と言う土居聖真がイメージするのは?

鹿島が描くACL決勝進出への"必勝プラン”「誰が点を取ってもいい」と言う土居聖真がイメージするのは?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年10月24日

全員攻撃・全員守備で決勝進出を勝ち取る

敵地での水原三星戦は厳しい戦いが予想されるが、土居は「先に勝っているアドバンテージはやっぱり、精神的にも有利」と考える。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

「内容がどうあれ、結果がすべて。次に進むことを最優先に考えて、どんなことでもできればな、と思います」

 アウェーでの水原三星とのACL準決勝第2レグに向け、土居聖真は気持ちを高めている。ホームでの第1レグは3-2の逆転勝利。序盤に2失点するも、その後に3ゴールを奪った。「前回対戦では開始早々にやられているので、そこは絶対に集中して入らないといけない」と気を引き締めつつ、「今回もどういう展開になっても、最後まで諦めずに戦う姿勢が大事になってくる」という。
 
 ふたつのアウェーゴールを与えてしまったのは痛手だが、「先に勝っているアドバンテージはやっぱり、精神的にも有利」と土居は考える。
 
「そこは僕らのほうが上に立っているっていうか、だから落ち着きだったり、焦らないことが必要になってくる」
 
 そのうえで、チームとしてどう戦うべきか。
 
「レッズ戦(J1リーグ30節/1-3)は負けたけど、ああやってワンチャンス、ツーチャンスをモノにして得点することが、今回の試合では鍵になってくるはず」
 
 土居は「個人的には、堅く試合に入れるかどうかが重要」と語る。ホームの大声援を受け、開始からアグレッシブに仕掛けてくるであろう相手に対し、慌てず、我慢しながら上手くいなして、チャンスが来ればそれをゴールに結びつける。そんな”賢い”戦い方を想定する。
 
 その意味で、アタッカーの土居にかかる期待は大きくなる。当然、本人もそれは理解しているが、余計な気負いはない。
 
「前線の選手はもちろんそうだけど、レッズ戦も(SBの西)大伍君が決めたし、水原との第一戦目も(SBの内田)篤人さんが得点している。誰が点を取ってもいいと思っている。別に前線の選手だから点を取らないといけないとか、守備をしなくてもいいってわけじゃないし、後ろの選手も攻撃しなければいけないし。そこはやっぱり、チーム力だと思います」
 
 全員攻撃・全員守備で決勝進出を勝ち取る。少なくない怪我人を抱えているからこそ、チームがひとつになって、敵地での難しいゲームを乗り切りたい。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】鹿島アントラーズを応援する美女サポーターたち
【関連記事】
【ACL展望】水原三星×鹿島|命運を左右する西、土居、安西の起用法
【鹿島】ルヴァン敗退、浦和に完敗…悪い流れが続くチームは本当に大丈夫なのか?
【鹿島】ガツガツこられたら「真っ向から受ける」急先鋒に立つ鈴木優磨の負けじ魂
【鹿島】敵の10番を止めろ! 昌子源が「相手の中では一番」と警戒するプレーは?
【ACL】水原三星の指揮官が鹿島で警戒すべき選手について言及「鈴木選手とMFの…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ