• トップ
  • ニュース一覧
  • 中島、南野、堂安のトリデンテはウルグアイに通用するのか?新生ニッポンの真価が問われる

中島、南野、堂安のトリデンテはウルグアイに通用するのか?新生ニッポンの真価が問われる

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年10月14日

「前回の試合よりも良い内容を見せられるように」

新体制で存在感を示す中島。ウルグアイ戦での活躍に期待したい。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 中島翔哉、南野拓実、堂安律という、森保一体制の初陣コスタリカ戦で存在感を示した3人は、果たしてウルグアイに通用するのか。
 
 14日の練習後に中島は「また相手も違うし、違う試合になると思いますけど、あの試合は出ている選手全員が楽しんでいたし、充実した試合でした。そういう試合を常にやっていきたい。前回の試合よりも良い内容を見せられるように頑張りたいです」と、コスタリカ戦を振り返り、ウルグアイ戦に向けて意気込んでいる。
 
 とはいえ、ウルグアイはFIFAランキング5位の強豪。今回バルセロナのルイス・スアレスは不在なものの、パリSGのエディンソン・カバーニ、アトレティコ・マドリーのディエゴ・ゴディン、ユベントスのロドリゴ・ベンタンクールなど、ワールドクラスの選手を数多く揃える。
 
 中島いわく「守備はすごく強いですし、攻撃もすごく速くて、少ない人数でも得点を獲れる選手が多い」チームである。
 
 それでも、24歳のドリブラーに恐れはない。
 
「自分たちらしく楽しくやれれば、良いサッカーになると思います。個人的にも楽しみたいです。(ボールを)取られるのは良くないけど、それを恐れて前にいかないのはもっと良くない。とにかくゴールを奪えるように、みんなでプレーしていきたいです」
 
 中島をはじめ、森保体制の旗頭とも言える3人は、コスタリカ戦のようなハイパフォーマンスを見せられるか。16日の一戦で、新生ニッポンの真価が問われそうだ。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
【関連記事】
【セルジオ越後】"本番"はウルグアイ戦、この2連勝で強くなったと勘違いしちゃいけない
【パナマ戦|動画&記事一覧】解説:釜本邦茂、採点&寸評、プレー分析、指揮官の思考、PHOTOギャラリーetc.
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たち❤
【日本3-0パナマ|採点&寸評】2試合連続ゴールの南野がMOM!19歳・冨安もまずまずのデビュー
代表メンバーが焼肉決起会へ! 長友の”熱血語り”の餌食になったのは…「皆さんこんな上司、先輩にならないように。笑」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ