「ミナミノに翻弄された!」「お粗末な守備対応」パナマ・メディアが0-3完敗に嘆き節

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月12日

「W杯組が15人。いっさいの言い訳が効かない」

42分、抜群の身体の切れでパナマDF網を切り裂いた南野。2戦連続ゴールと勢いが止まらない! 写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 10月12日に新潟で行なわれたキリンチャレンジカップで、日本代表はロシア・ワールドカップ出場国のパナマを3-0で圧倒。森保ジャパンは9月のコスタリカ戦に続く連勝を飾った。
 
 球際の強さや効果的なカウンターを何度か繰り出し、高いモチベーションを携えて日本に乗り込んできたパナマだったが、国内メディアはそのパフォーマンスを酷評。全国紙『Critica』の電子版は「ショッキングなフレンドリーマッチ」との見出しを付け、「11人の戦士は前半に良質な内容を見せたが、ペースを持続できなかった」と切り捨てた。

 
 先のワールドカップ出場でパナマ国内のフットボール熱は高まるばかり。それだけに今回のアジアツアー(日本と韓国と対戦)に、ファンは大きな関心を寄せている。同紙は「攻撃のアイデアがあまりにも乏しく、チャンスらしいチャンスを掴めなかった」と記し、「それでも守備のバランスは良かった。とくに前半は機能的だったが、42分のお粗末な守備対応がゲームを壊したのだ。ミナミノ(南野拓実)ひとりに翻弄されて、あっさりゴールを許してしまった」と断じる。
 
 さらに、「今回のメンバーはワールドカップ組が15人もいた。9月のベネズエラ戦(0-2で敗北)は若手中心の構成だったが、今回はいっさいの言い訳が効かない。完封負けは受け入れがたい」と、不甲斐ない母国代表チームを非難。「後半は日本に好きなようにやられ、さらに2ゴールを献上と一蹴された。次の韓国戦(10月16日)では攻撃面でなにかしらの収穫を得たいものだ」と期待を込めた。

【日本代表PHOTO】日本 3-0 パナマ|コスタリカ戦に続いて3発快勝の森保ジャパン! 南野&伊東がゴールで猛アピール!

【日本代表PHOTO】寒空の中、サムライブルーを後押しした熱きサポーターたち!

【南野拓実PHOTO】2戦連続弾とフィーバーしている南野の写真はこちら!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ