「10試合を残して優勝」の予想も。イタリアの絶対王者ユベントス、パリSG超えなるか?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月10日

「29節から31節」が最有力との予想。

公式戦10試合にすべて勝利し、期待のC・ロナウドも絶好調。ユベントスは何試合を残してリーグ優勝を決めるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 まさに「向かうところ敵なし」だ。イタリア王者ユベントスの勢いが止まらない。

 セリエA7連覇中で、4年連続国内2冠を達成と、イタリア・サッカー界に君臨する絶対王者は、クリスチアーノ・ロナウドを迎え入れた今シーズンも快走している。

 セリエAではタイトルレースのライバルであるナポリとの直接対決も制し、開幕から8連勝を飾った。2位につけるナポリには、早くも勝点6差をつけている。3位インテルとは8ポイント差だ。チャンピオンズ・リーグでも2連勝を飾り、公式戦で10戦全勝と完璧なスタートを切った。

 開幕から3試合得点がなかったC・ロナウドも、その後のリーグ戦5試合で4ゴールをマークしており、守備の国イタリアのサッカーに適応しつつある。
 
 近年の結果に加え、これだけの序盤戦とあれば、まだ10月とはいえ、ユーベの優勝を予想する人が多いのも当然だろう。イタリア紙『Tuttosport』によると、歴史的な速さで優勝を決める可能性があるとの声もあるようだ。

 ブックメーカー『SNAI』は、ユベントスが29節から31節の間に優勝を決めるという予想に、2.25倍のオッズをつけた。これは「32節から34節」(2.50倍)を上回り、「35節から37節」(5.50)に大差をつけている。つまり、3月末から4月頭にかけ、ユーベの優勝が決まる確率がもっとも高いという予想だ。

 それだけではない。『SNAI』は、28節にユベントスが優勝を決めるという予想にも、「35節から37節」と同じ5.50倍のオッズをつけている。つまり、10試合残してユーベがスクデットを掲げるという予想だ。実現すれば、3月中旬にユーベが8連覇を果たすことになる。

 近年のフランスで圧倒的な強さを誇るパリ・サンジェルマンは、2015-16シーズンに8試合を残して優勝を決めるという偉業を成し遂げたが、今シーズンのユーベはそれを上回ることができるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24