20ゴールのうち18ゴールに絡んだ好調グリエーズマン 「バロンドール? すべてを夢見ているよ」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月04日

「キャリア最高」と指揮官も認める。

アトレティコのゴールのほとんどは、この男を経由して生まれている。(C)Getty Images

画像を見る

 アトレティコ・マドリーは10月3日、チャンピオンズ・リーグでクラブ・ブルージュにホームで3-1と勝利した。2ゴールを挙げてチームに白星をもたらしたのが、アントワーヌ・グリエーズマンだ。

 スペイン紙『Marca』によると、グリエーズマンは試合後に「僕らはすべての試合で苦しむ。相手がいることだからね。前半は難しかったけど、僕らは良くなっていった」と喜んでいる。

 グリエーズマンは「監督が正しいことを言ってくれた」と、追いつかれて迎えたハーフタイムのディエゴ・シメオネ監督の檄が奏功したことを仄めかしたが、その内容は「ロッカールームに残るものだよ」と明かさなかった。
 
『Marca』によれば、グリエーズマンはアトレティコの直近20ゴールのうち18ゴールに絡む好調ぶり。だが本人は、「さらに向上しながら、チームを助けるためにこのまま続けなければいけない」と冷静だ。

「改善しなければいけないことはたくさんある。すべてを良くしていかないと。自分の限界がどこにあるかを知りたい」

 最後に「バロンドールを夢見るか」と問われたグリエーズマンは、「すべてを夢見ている」と答えた。

 シメオネ監督は、グリエーズマンにその力があると信じているだろう。指揮官は「昨シーズンの彼は世界最高の選手だった。ワールドカップとヨーロッパリーグで優勝、レアル・マドリーやバルセロナがいるリーグで2位だ」と、夏に移籍をせず残留した背番号7に賛辞を寄せた。

「彼は(バルセロナに移籍せず)アトレティコに残ることを選んだ。これがその結果だ。いまの彼はキャリア最高の時期のひとつにある」

 指揮官も好調を認めるグリエーズマンは、「夢」をかなえるべく、「限界」まで飛躍を続けられるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ