「アジアの審判まじで無理」「頭突きと蹴りはレッドでは?」ACL準決勝、鹿島・水原サポから審判への不満が噴出

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月04日

"真剣勝負"だからこそのぶつかり合いではあるが…

クォン・スンテとイム・サンヒョプが一触即発になりかけるシーンも。前半から水原三星のラフプレーも目立ったが、審判がファウルを認めないシーンも多く見られた。 (C) Getty Images

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝、鹿島アントラーズ対水原三星の第1戦が10月3日、県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、3対2で鹿島が先勝した。

 内田篤人の劇的な決勝ゴール、そして鹿島が目標に掲げるACL優勝に、また一歩近づいたことをファンは喜んでいるが、一方で前半はラフプレーも多く見られ、「ファウルが不公平だった」「一貫性がなさすぎ」と審判に対して非難が集中している。

 特に、1-2で鹿島が1点をリードされて迎えた46分、内田篤人がペナルティエリアに侵入し、相手DFに倒されたシーンで不満が爆発した。

「おーーーーい‼︎今のはPKだろーーーがーーー‼︎」
「アジアの審判まじで無理」
「これがACL セミファイナルの笛か…」
「完全なるPKが… VARはもう必須」
「内田は倒れ方がキレイだから、わざと貰いに行ったように見えちゃうのかもなぁ。」
「てか、本当、ファールの判定が水原寄り過ぎる」
「こんなラフプレーばっかりのチームには絶対負けたくないし勝つ」
「レフリーにイエローカードが必要」
「優磨のファールが認められるなら、内田を倒した相手DFのプレイはファールでPKだったろ。なんで一貫した判定しないかなぁ」

 こうした審判の一貫性を疑うツイートは、内田が逆転ゴールを決める試合終了間際まで多く見られた。

 一方で、韓国メディアや水原三星のサポーターからは、鹿島の韓国出身GKクォン・スンテの処分について「軽すぎるのでは」という声が上がっている。

 事が起きたのは44分、鹿島GKのクォン・スンテと水原三星のイム・サンヒョプの競り合いから諍いとなって試合が中断。審判が間に入るまでもみ合いが続いた。

 韓国メディア『スポーツ東亜』は「この試合がヒートアップした45分、スンテはヨム・ギフンのシュートを阻んだ後に、サンヒョプとエキサイトしている。サンヒョプに蹴りを入れ、スンテは明らかに頭突きをするように見受けられたが、イエローカードに”逃れた”」と処分に対して批判的なコメントを掲載した。

 水原三星のサポーターも、SNS上で「頭突きと蹴りって普通は退場(レッド)では?」「アジアサッカー連盟(AFC)はあの頭突きを見たの? スンテは少なくとも次の試合は出場停止にするべきだ」「審判の頭はガラクタなのか。彼は明らかに蹴ったのにイエローカードって」などの声を上げていた。しかしこれらも、内田の逆転ゴールが決まって以降、鳴りを潜めている。

 第2戦は、鹿島にとってアウェーでの一戦となり、激しい内容になることは必須。鹿島、水原三星の両チームにとって、気持ちのいい試合になることを祈るばかりだ。
【関連記事】
「なんという“ウチダ劇場”だ!」欧州メディアがACL決勝に王手をかけた鹿島、そして内田篤人を絶賛!!
【ACL採点&寸評】鹿島 3-2 水原三星|2トップが躍動。そして最後は内田が決着をつける
なぜ鹿島は2点差をひっくり返せたのか? 内田篤人が指摘する“守護神の振る舞い”
「来季、内田篤人にもう1億積んで」「大岩神采配」後半ATの劇的逆転勝利に鹿島ファンが狂喜乱舞!
自らのOGから序盤2失点もサヨナラ決勝弾の内田篤人、自戒を込めて「説教ですね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ