今野泰幸vs.稲垣祥――互いに対峙した印象を聞いて見えた“ハイレベルな中盤のバトル”

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年09月30日

「どっちが拾うかで試合の流れが変わる」

G大阪の今野は広島の稲垣と中盤のバトルを繰り広げた。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ28節]G大阪 1-0 広島/9月29日/吹田S
 
 G大阪が上位の広島を1-0で撃破した一戦で、今野泰幸vs.稲垣祥のハイレベルな中盤のバトルが繰り広げられていた。
 
 この試合での主なゲーム展開は、自陣に引いて守る広島に対して、G大阪がポゼッションをしながら攻める構図。今野が「相手はゴールを守ってカウンターを狙っていた」と言うように、広島は堅守速攻に活路を見出していた。その速攻の際、広島の最前線で起点を作っているのはパトリックだった。
 
 だからこそ、今野がゲームのポイントに挙げたのは、パトリックが競り合った後のセカンドボールだった。
 
「もう、(相手は)徹底していた。パト(リック)に蹴って、セカンドボールをダッシュして拾うのしか狙っていない。パトも強いからひとりでも行けちゃうし、(ボールを)こぼれさせることなんて絶対にできる。そこで拾われるか、こっちが拾うかによって全然、(試合の)流れが変わる」
 
 そして、そのセカンドボールを狙っている敵が稲垣だ。もちろん、ボランチでコンビを組む青山敏弘もこぼれ球を拾っていたが、稲垣のルーズボールに対する出足の鋭さはより際立つ。今野もその能力を評価する。
 
「(パスが)出ている間にこぼれると狙っていて速かった。前半で速いなと思って、かなり警戒していました」
 
 対する稲垣もセカンドボールについて、今野と似たようなことを言っていた。
 
「代表クラスの選手で経験もあるし、ここでどっちが拾うかで試合の流れが変わるゲームの肝みたいなのも分かっている選手だから、必然的にそこの強度は高くなっていました」
 
 そして、稲垣も今野のセカンドボールに対する反応スピードを警戒していた。
 
「僕の頭のなかでも、今野選手はそういうところで動き出すのが速いなという印象があったので。だからこそ、自分もいつもよりワンテンポ速く動かないと拾い切れなかったりとか、そういうのはやりながらも感じていたし、試合前も思っていましたね」
 
 互いにセカンドボールへの鋭い反応を警戒し、自然と動き出しの速さは上がっており、そのレベルはこの試合で群を抜いていた。結果的には、カウンターから広島はゴールを奪えなかったため、今野に軍配が上がったと言えるだろうか。とはいえ、ゲームの“肝”を押さえたハイレベルな中盤のバトルは非常に見応えがあった。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ