横浜が山中の決勝ミドルで降格圏を回避! 磐田は俊輔を起点に川又の同点ヘッドも及ばず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月22日

終盤の86分に勝ち越しゴール!

決勝ゴールを挙げた横浜の山中。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは9月22日、各地で27節の6試合を開催。ヤマハスタジアムでは、ジュビロ磐田対横浜F・マリノスの一戦が行なわれ、横浜が2対1で勝利を収めた。

 試合は立ち上がりの8分、アウェーの横浜が先制。大津祐樹のクロスを遠藤渓太が右足ボレーで合わせ、ネットを揺らした。

 一方、前半は沈黙した磐田は、後半に入りチャンスを量産。68分、中村俊輔のサイドチェンジのパスを起点に右サイドを切り込んだ櫻内渚のクロスに川又堅碁が頭で合わせ、ゴールにねじ込んだ。磐田が同点に追いつく。

 その後も磐田がチャンスを作り続けるが、勝ち越しゴールを挙げたのは横浜。86分、敵陣左サイドから中央に入ってきた山中亮輔が左足を一閃。グラウンダーの鋭いミドルシュートが磐田ゴールに突き刺さった。

 この山中のゴールが決勝点となり、横浜が敵地での一戦を2対1で勝ち切った。敗れれば降格圏に順位を落とすことになっただけに、横浜にとってこの1勝は大きい。横浜は勝点を32に伸ばし、磐田に1ポイント差に迫った。
【関連記事】
イニエスタ、新幹線移動に感動!? グリーン車の隣席で笑顔を見せている僚友は…
残留を賭けた死闘、柏vs鳥栖戦は痛み分け! 最終盤のビッグチャンスで権田が神懸かりな…
ガンバのエースに欧州クラブが熱視線!? 清水戦でも全得点に絡むハイパフォーマンス!
ポドルスキが仰天のコスプレ姿を披露!オレンジの道着に身を包み、あの"必殺技"ポーズも
「ムトウを先発で使え!」ニューカッスル地元紙が日本代表FWを強力プッシュ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ