「緊張して、試合前はしんどかった」堂安律はなぜA代表デビュー戦で異彩を放てたのか

カテゴリ:日本代表

羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb)

2018年09月12日

あのビッグチャンスで頭に過っていたのは?

オランダで研鑽を積み、成長した証をA代表デビュー戦で見事に証明した堂安。そのパフォーマンスを本人はどう思っていたのか? 写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2018]日本 3-0 コスタリカ/9月11日/吹田S

「前半は本当に緊張しました。試合前はしんどかったです(笑)」

 ガンバ大阪時代の本拠地、吹田スタジアムでA代表デビューを飾った堂安律は、そう本音をこぼした。

 この日、4-4-2の右サイドで先発起用された堂安は、前半こそ周囲と呼吸を合わすような慎重なプレーが目立ったものの、チームが1点をリードし、「テンポにも慣れてきて、相手のスペースが空いてきた」後半は、水を得た魚のように躍動。そして、59分にビッグチャンスを迎える。

 左サイドをドリブル突破した中島翔哉が、バイタルエリアの小林悠へと繋ぎ、そこからのスルーパスに堂安が反応。最後は右足のループシュートを狙うが、惜しくもボールはゴール前で相手DFにクリアされてしまった。

 決まっていれば、一躍ヒーローとなっていたに違いないシーンを20歳の俊英は、苦笑いを浮かべながら振り返った。

「あの場面は決めきるだけでしたし、決めていれば違った結果になったと思います。チームとして良い形でシュートシーンまで持ち運べましたし、ああいう背後に抜ける動きはオランダで磨きをかけた部分で、今までの自分になかった形だったので、決めたかった。

 シュートを打った後にパフォーマンスを考えてました。『どうしよう』と思って……。それがいけなかったのかもしれないです(笑)。相手GKが完全に寝ころんだので、ちょこっと浮かして、観客が黙ってシーンとなるなかでボールがゴールに入っていくイメージだったんですけどね。やられました」

 惜しくも代表初ゴールとはいかなかった堂安だが、そのプレーは、もはや言うまでもなく際立っていた。本人も手応えを口にする。

「自分自身、非常に楽しい試合でした。観ている方はどう思ったか分からないですけど、試合が終わってからチームメイトにも『めちゃくちゃ楽しそうにプレーしてた』って言われたりもしました。ラスト20分ぐらいは、なんというか、ゾーンみたいなものに入ってましたね」

 ランナーズハイではないが、それに似た精神状態に達した堂安が85分に万雷の拍手を浴びながらピッチを退くまで、「視野も広くなって、相手を“おちょくる”という言い方は悪いかもしれないですけど、いなすようなプレーもできた」という。

 A代表でのデビューマッチで堂々たるプレーを見せて、観客を唸らせた堂安。「去年よりは少しずつですけど成長できていると感じています」と語る日本サッカー界期待のワンダーボーイの成長は、まだまだこれからだ。

取材・文●羽澄凛太郎(サッカーダイジェストWeb)

【日本代表PHOTO】日本 3-0 コスタリカ|南野、伊東の代表初ゴールなど、3ゴールで森保監督初陣を勝利で飾る!守備陣は無失点!

【日本代表PHOTO】試合後、サポーターの声援に応える森保ジャパン!

【PHOTO】日本×コスタリカの美女サポーターたち!!

【中島翔哉PHOTO】これが日本の新10番!終始観客を魅了するプレーを見せた中島のPHOTOギャラリー!!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ