【J1 リーグ再開!】週刊サッカーダイジェスト担当記者のチーム展望 鳥栖編

カテゴリ:Jリーグ

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年07月17日

「上位に位置するプレッシャー」を乗り越えられるか。

今シーズンここまで8ゴール。やはりエース豊田の出来が今後の鍵を握る。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 7月15日に12節の延期分2試合が行なわれたJ1リーグは、19日の15節・9試合で本格的に再開する。『週刊サッカーダイジェスト』の編集部が、いよいよリスタートするJ1リーグ各チームの現況をお伝えする。
 
 14節終了時で、2位の鳥栖を展望するのは、増山直樹記者だ。
 
Q1
リーグ序盤戦(14節終了時)の採点。結果・内容から100点満点で何点?
A1
90点。
 前線からのタフな守備と、縦に速いシンプルな攻撃。そんな鳥栖らしさに磨きをかけ、2位と好位置につける。9節から13節まで5試合連続で1点差のゲームを勝ち切るなど、勝負強さも備えてきた。今シーズン、トライしているポゼッションも向上の兆しがあり、ボールを持てる時間帯が長くなってきた点もプラス材料だ。
 
Q2
リーグ再開に向けてのチームの強みは?
A2
 キム・ミヌと安田の左サイドが目立った序盤だったが、ここにきて右サイドの攻撃が充実。豊田のポストプレーから水沼が中央に絞ってフィニッシュに持ち込む形が多く見られるようになってきた。左右両翼とCF豊田が好調の鳥栖攻撃陣は、どんな相手にとっても脅威だろう。
 
Q3
夏場以降に懸念される弱みは?
A3
 強いて言うなら、「上位に位置するプレッシャー」か。抽象的な表現で恐縮だが、あくまでチャレンジャーの立場を忘れず、闘志を前面に出して戦うのが鳥栖のサッカーである。低迷期が長かった鳥栖にとって、J1の優勝争いは未知の領域だ。

15節・神戸戦の予想スタメン

画像を見る

Q4
再開後のリーグ戦で、キーマンとなる選手は誰?
A4(複数可)
豊田陽平/FW
安田理大/DF
 今季ここまで8ゴールのエース豊田がやはり鍵を握るだろう。当然ながらメンバー外となった今回のワールドカップに忸怩たる思いもあるはず。すべての感情をピッチ上でぶつけてもらいたい。経験豊富な安田は、1年目ながらチームの先導役が求められる。
 
Q5
15節・神戸戦の見どころは?
A5
 2位と4位の上位対決。過去の対戦成績は1勝1分けと悪くない。相手は決してポゼッションの得意なチームではないが、前線のブラジル人コンビは少ないチャンスをものにしてくるため、ボール保持率にとらわれ過ぎるのは危険。菊地とキム・ミンヒョクの両CBが、最後まで集中を切らさず食らい付けるかが焦点になりそうだ。
【関連記事】
7月15日にJ1リーグ再開!! 全18チームの現状をレポート
J1後半戦へのビジョン|鳥栖編|「リーグ随一」の左サイドに加え、右サイドの攻撃も充実!
柿谷曜一朗、涙の国内ラストゲーム。セレッソへの溢れる思いを抑え切れず……
【2014 J1結果・採点|14節】鳥栖対大宮
【2014 J1結果・採点|13節】横浜対鳥栖

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ