「疑わしきPK!」「あと一歩であの日本を…」海外メディアが金星を逃がしたマレーシアを絶賛!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月25日

「ハートブレイクなフライデーナイトに」

89分、日本は上田がPKを誘う。かなり微妙な判定だったがこの大チャンスをしっかり決め切り、日本が8強に勝ち進んだ。写真:徳丸篤史

画像を見る

[アジア大会]U-23マレーシア代表0-1U-21日本代表/8月24日/インドネシア

 大苦戦をなんとかモノにして、森保U-21ジャパンが8強に駒を進めた。
 
 ジャカルタで開催中のアジア大会・サッカー競技は、現地時間8月23日にラウンド・オブ16が行なわれ、U-21日本代表はマレーシアと対戦。グループリーグで韓国を破ったヤングタイガースの実力は伊達ではなく、前半はポゼッションで30%対60%と圧倒されるなど、苦しい展開が続いた。後半に入っても一進一退の攻防が繰り広げられたが、日本は89分に上田綺世がみずから得たPKを豪快に蹴り込んで先制。辛くも1-0で逃げ切り、準々決勝への道をこじ開けた。
 
 この一戦を熱くレポートしたのが、米スポーツ専門チャンネル『Fox Sports Asia』のアジア・サッカー通記者、ガブリエル・タン氏だ。マレーシアの健闘を大いに称えつつ、日本が得たPKのジャッジに疑問を呈している。
 
「明らかに格上のあの日本を、あと一歩の瀬戸際まで追い詰めながら、マレーシアはまさかのチャンスを決められて惜敗を喫した。文字通りのハートブレイクなフライデーナイトとなったのだ。勇猛果敢に日本の敵陣に踏み込み、90分間を通しての堂々たる戦いぶりには感銘さえ受けた。だが終盤に何度かあった好機でゴールを決め切れず、延長戦が濃厚と思われた終了間際に、手痛い仕打ちを受けてしまう。実に疑わしいPKを決勝点に繋げられたのである。たしかにドミニク・タンはアヤセ・ウエダの後方からチャージを仕掛けたが、VTRを観てもコンタクトをしたかどうかは怪しく、かすった程度だったかもしれない。なんとも悔やまれるシーンだった」

 
 そして、「この絶好機を逃がすウエダと日本ではなかった」と記し、「韓国戦に続く番狂わせを起こせなかったが、今大会では近未来に光を灯すパフォーマンスを示してくれた」と、あらためてマレーシアの出来を激賞した。
 
 薄氷を踏む思いでひとつずつ勝ちを拾っている印象の森保U-21ジャパン。ベスト4の座を懸けた次なる相手は、中国を4-3で打ち負かしたサウジアラビアだ。強敵相手の試練が続く。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ