「Aリーグはなぜホンダに熱心だったのか?」本田圭佑の獲得意図を豪メディアが読み解く

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月06日

期待が高まる本田圭佑の加入

Aリーグで本田に期待されていることは一体何なのか? 地元メディアが推測した。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月6日、オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーは、日本代表MFの本田圭佑と契約を結んだことを正式に発表した。

 メキシコのパチューカを昨シーズン限りで退団し、去就が注目されていたなかで、かねてから噂のあったオーストラリア行きが決まった本田は、給与制限を受けない「マーキー・プレーヤー」として、290万豪ドル(約2億3780万円)を受け取るとされている。

 現地の複数メディアによれば、この額は、かつてシドニーFCでプレーした元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロが受け取っていた給与額を凌ぐものだと伝えられている。

 そんな特別待遇で迎え入れられた本田について、オーストラリア・サッカー連盟のデイビッド・ギャロップ会長は、「彼のような経験豊富な選手の加入は、Aリーグの価値、市場性、イメージ、そして評判をアジアだけでなく世界中で高めてくれるだろう」と期待を寄せた。
 
 まさに国をあげての特別待遇が用意された本田へは、地元メディアの期待値も高まるばかりだ。豪公共放送「ABC」は、「元ミランのスターは間違いなくAリーグに影響をもたらす」とし、さらにこの契約の重要性を説いた。

「セントラル・コースト・マリナーズが、あのウサイン・ボルトと契約を結ぶというニュースが紙面を踊るなかで、メルボルンはホンダとの交渉を終わらせた。ここで一つ言えるのは、ボルトよりもホンダとの契約の方がはるかに重要で、賢明な選択であるということだ。

 ホンダは単なる広告塔ではないし、引退前にお金を稼ぎに来たわけでもない。32歳の彼はいまだ特別な存在で、あらゆる面での影響をこのオーストラリアにもたらすだろう」

 本田に大きな期待を寄せる「ABC」は、Aリーグが大金を叩いてまで獲得に動いたワケを推測している。

「なぜ、Aリーグはホンダに熱心だったのか。それはアジア市場において彼が大きな影響力を持っているからだ。正直なところオーストラリア国内でどこまでの影響力があるかは分からないが、日本をはじめとするアジアの市場でチケットが売れる可能性は大いにあり、さらに試合の放映権も取引される可能性が高いのだ。これまでになかった異常事態が起きることは十分にありえるだろう」

 なお、来月に家族とともにオーストラリア入りを果たすという本田は、そこから10月20日に行なわれるメルボルン・シティとの開幕戦に向けて調整をしていく予定だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ