C・ロナウドの後釜を探すマドリー、チェルシーのビッグネームふたりに約260億円を投下か

カテゴリ:メガクラブ

山本美智子

2018年08月06日

指揮官は「手持ちの駒に満足」と語るが。

アザール(右)に対して3度目のオファーを提示したマドリー。クルトワ(左)との2枚獲りなるか。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 ユベントスに移籍したクリスチアーノ・ロナウドの穴埋め作業が、レアル・マドリーの監督に就任したジュレン・ロペテギの最初の大仕事となる。

 もっとも、マドリーでプレーしている間、67分ごとにゴールかアシストのどちらかをマークし、438試合で451得点・115 アシストを記録した選手の後釜を探すのは、当然ながら容易ではない。

 そのことを熟知する新監督は、プレシーズン最初の記者会見で、「手持ちの駒で十分」といったニュアンスのコメントを発しており、各メディアでは、ガレス・ベイルを攻撃の中心に据えたチームになるのではないかと予想されている。

 そしてもうひとり、ロペテギ監督がC・ロナウドの穴埋め要員として大きな期待をかけていると言われているのが、攻撃的MFのマルコ・アセンシオだ。まだ22歳ながら、今シーズンがトップチームで迎える3年目で、過去2シーズンはいずれも公式戦で10ゴール以上を決めている。

 このプレシーズンに行なわれたユベントス戦では「偽の9番」として起用され、2ゴールをゲット。彼を前線の中央下がり目の位置に配する4-3-3(あるいは4-3-1-2)へのが基本システムになるかもしれないとも言われている。
 
 指揮官が手持ちの駒でのチーム作りを模索する一方で、ペレス会長は“ロナウド・ショック”の傷を癒すような話題性のある大型補強を望んでいるようだ。

 これまでもネイマール、ハリー・ケイン、ロベルト・レバンドフスキと、大物FWの名前が浮上しては消えてきたが、現在その最有力候補には、ワールドカップ中にも話題になったベルギー代表アタッカー、エデン・アザールの名が再浮上している。

 現地メディア『diariogol.com』によれば、マドリーはGKティボー・クルトワとの2枚獲りを狙い、すでにチェルシーに対して2億ユーロ(約260億円)のオファーを提示したという。

 プレミアリーグの移籍市場は8月9日に閉まるだけに、ここからの数日でマドリーがどのような動きを見せるか、おおいに注目される。

文●山本美智子(フリーランス)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ