【J1ベストイレブン】川崎エースとの1対1をニ度止めた浦和守護神をMVPに! 広島のパトリックを最多5回目の選出|19節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月03日

神戸のCB大﨑は2試合目と思えぬ順応ぶり。

【19節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは8月1日に各地で19節の9試合が行なわれた。ここでは今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。

【選出理由】
 前節は広島、そして川崎と上位相手に2連勝を飾った浦和から、青木拓矢と西川周作をチョイス。とくに西川は川崎のエース小林悠との1対1をニ度にわたりビッグセーブで阻止。押し込まれる展開が続くなか、J屈指の攻撃力を誇る昨年のリーグ戦王者を相手に得点を許さず、チームを勝利に導いた浦和の守護神を今節のMVPに選んだ。
 
 4得点の快勝を収めた首位の広島からは、柴﨑晃誠とパトリックを選出した。前者は2アシストを記録、後者はパワフルな突破で横浜守備陣の脅威となり、さすがの決定力で2ゴール。当ベストイレブンにはJ全選手最多5回目の選出となった。
 
 また柏に快勝で2連勝中の湘南からは、試合開始早々に放ったミドルシュートで先制ゴールを演出した杉岡大暉と、2ゴールの大活躍を見せた今夏新加入の山崎凌吾をピックアップ。
 
 中断期間明け初勝利の札幌からは、先制点の起点となり、75分にはゴールをゲットしたチャナティップ。第2節以来の白星を挙げた名古屋から、1ゴール・1アシストの前田直輝を選出した。
 
 そのほか、鳥栖のF・トーレスにほとんど仕事をさせなかった清水のファン・ソッコ、加入後2試合目とは思えない順応ぶりを見せた神戸の大﨑玲央、富樫の得点をお膳立てするなど右サイドで効果的に働いたFC東京の室屋成を選んだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ