「守りやすい感覚になった」ガンバ守護神が明かした宮本監督就任で最も変化を感じた点は?

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年08月02日

宮本監督が就任し、東口が最も変化を感じたのは守備の距離感

東口は圧巻のパフォーマンスでゴールを死守。ここぞという集中力はさすがだった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ19節]磐田1-1G大阪/8月1日/ヤマハ

 開始2分だった。G大阪はFKの流れから連続でピンチを迎えると、G大阪の守護神・東口順昭が身体を張ったシュートストップでチームを救った。

 開始早々の好プレーで勢いに乗った背番号1は23分、磐田の川又堅碁が放った至近距離からのシュートをブロック。後半に入ってもことごとく相手のショットを弾き出し、最後尾から圧巻のパフォーマンスを披露した。
 
 終盤にファン・ウィジョのゴールで先制した後も、集中は切らさない。90分+1分には再び川又のシュートを掻き出す。これで勝利はほぼ手中に収めたかと思われた。

 しかし90分+3分、ついに東口の牙城が破られてしまう。大井健太郎にヘッドで決められてしまったのだ。
 
 勝点3は目前でするりと零れ落ち、チームは7試合ぶりの勝利を掴めずに終わった。しかし、東口は磐田戦で確かな手応えを得たという。「連戦中のアウェーゲームではこういう展開もある。そういう時に前半を0-0で終えられたのは前よりも成長しているし、前でなかなか(形が)作れないなかで後ろが耐えるというのは、今後も必要になって来る」とし、前半を凌げた点を前向きに捉えた。
 
 とりわけ、守備の連係面にはポジティブな変化を感じている。宮本監督が就任して以降、トレーニングの6,7割をディフェンスに割いてきた。「全体的なDFの距離感が守りやすい感覚になっているので、そこは監督が交代してひとつ変わったところ。これを続けていけばという自信もあるし、本当に最後の失点したところだけ。ちょっと押し込まれてしまっただけので、そんなにネガティブな要素はない」と東口が言うように、組織で守る意識は徐々に上がってきている。
 
 CBの三浦弦太とファビオが不安定で崩されたシーンも多く、改善すべき点があるのは事実だ。ただ、チームは宮本監督の就任を機に前へ進んでいる。東口が磐田戦でビッグセーブを連発できたのも、DF陣が素早く相手FWに寄せたからこそだった。

「失点するまでの戦い方は出来ていたので、全体的には良かったと思います」とは東口の言葉。”宮本ガンバ”は磐田戦で得た教訓を次節の名古屋戦で活かす。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWEB編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ