どうしてサポーターに愛されるのか? そう問われた長友佑都は大真面目に熱い言葉で…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月01日

「個人的にはバルセロナとインテルと戦いたい」

優勝セレモニーでの殺陣パフォは大ウケだった。熱きガラタサライ・サポーターと長友の相性は抜群なのだ。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 トルコの全国テレビ局『TRT Spor』のスペシャルインタビューに応じたのが、ガラタサライの日本代表DF長友佑都だ。来る新シーズンに向けて赤裸々に抱負を語り、あらためてクラブとイスタンブールへの愛情を口にした。
 
 紆余曲折を経てインテルからの完全移籍を果たしたことを問われると、「ここガラタサライアでキャリアを続けたいと心の底から思っていたので、本当にハッピーです」と語り、「日本代表のメンバーもみんなガラタサライのことをよく訊いてきましたね。選手のことやファンのこととか。関心があるんですよ」と明かした。
 
 では、なぜガラタサライのサポーターにそこまで愛されるのか。ストレートな質問にはこう答えている。
 
「どうして? あれだけ短い期間にも関わらず、彼らが僕を愛してくれたのは、僕が戦士の魂を示したからだと思います。僕はすべての試合で100%の力を出し切ります。それを受け入れてもらえたのかなと。それにしてもファンの熱気は信じられない! シーズン終了後の優勝セレモニーは忘れられないですね。あの大歓声に応えなきゃと思って、あんなサムライ・パフォーマンスを用意しました(笑)。人生であれほどの熱気を帯びた祝福は経験したことがないです」

 
 今年1月にガラタサライへの移籍を決めたのは、「クラブの大きさとファティフ・テリム監督の存在」が理由だったときっぱり。さらにチャンピオンズ・リーグに話が及ぶと、やや興奮気味に「個人的にはバルセロナとインテルと戦いたいんです。そして素晴らしいファイトをお見せしたいと思います」と意気込んだ。
 
 最後はお得意のリップサービス(?)で締めくくった。
 
「もしミラノかイスタンブールかどちらかを選べと言われたら、イスタンブールを選びます。ずいぶん前からトルコに住み慣れているような感覚がありますね。自分ではもうトルコ人だと思っていますよ(笑)」
 
 今回のインタビューで長友は、また新たに何千、何万人のトルコ人のハートを射止めたのだろうか。もはや“神業”と表現するほかない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ