「一番大切なのはチームファースト」就任会見で森保監督が示した指揮官としての覚悟

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月27日

「任期まで安泰だとかゆっくりできるとは思っていません」

確固たる決意を持って就任した森保監督。結果と世代交代の両輪を回すことはできるのだろうか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 7月26日、日本代表の新指揮官に森保一氏が就任した。

 広島で3度のリーグ制覇を成し遂げた経験を持つ森保監督は、昨秋から東京五輪を目指すU-21日本代表のトップとして手腕を発揮。6月のロシア・ワールドカップではコーチとしてA代表に帯同し、多くの学びを得た。

 日本で実績を積み上げてきた男が、課せられたミッション”世代交代”を図りながらいかに結果を出していくのか。その興味は尽きない。9月に行なわれるキリンチャレンジカップの2試合で、どのような戦いを見せるかは多くの人の関心事項だろう。

 森保監督の任期は2022年のカタール・ワールドカップ終了まで。大一番はまだ4年も先で、日本代表の新陳代謝を図る猶予は十分にある。ただ、森保監督は世代交代を進めるとしながらも、悠長に構えるつもりはないようだ。
 
「私自身任期があるからといって、任期まで安泰だとかゆっくりできるとは思っていません。チーム作りで大切なことがあれば、ゆっくりとかいろんなことを見ながらやっていかないといけませんが、常に1日1日、1試合1試合が勝負だと思ってやっていきたい。そこは評価してもらう方に評価していただいて、一番大切なのはチームファーストだと思っています」

 世代交代を進めていくなかで結果も残す――。新たなチャレンジに挑む森保監督はチームのために、いかに舵を切るのか。「日本代表チームが一番力を出していける、一番発展していける形で常に評価していただければいい」という森保監督は、プロの指導者として危機感を持ちながら責務をまっとうする構えだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ