インテル、メッシ獲得に乗り出す!? ユーベのC・ロナウド獲得に触発されて「大きな契約をしたい」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月25日

メッシの違約金は910億円だが…。

C・ロナウド(左)の獲得で注目を集めるユーベ。そんなライバルに負けじと、インテルもメッシ(右)獲得という「ミッション・インポッシブル」に動き出した(!?)。 (C) Getty Images

画像を見る

 セリエAに「革命」が起きるかもしれない。

 現地時間7月24日、イタリア大手スポーツ紙『Tuttosport』は、クリスチアーノ・ロナウドのユベントス移籍に触発されたインテルが、バルセロナからリオネル・メッシを引き抜きを画策していると報じた。

 今夏の移籍市場において一番の目玉となっているのは、C・ロナウドのユーベ移籍だろう。9年間プレーしたレアル・マドリーを離れ、33歳にして移籍金1億1700万ユーロ(約153億円)、推定年俸3000万ユーロ(約39億円)という超破格の高待遇で迎え入れられたニュースは、世界中を駆け巡った。

 そんなライバルのエポックメーキングな補強に触発されたのがインテルだ。『Tuttosport』によれば、スポンサーであるタイヤメーカー「Pirelli」の最高責任者マルコ・トロンチェッティ・プロヴェーラ氏は、同クラブのオーナー会社である中国の大手家電販売業「蘇寧電器」に「大きな契約をしたい」と申し出たという。
 

 同紙は、プロヴェーラ氏が「ファイナンシャルフェアプレー(FFP)の面で許されるなら、蘇寧が大きな契約をしてくれることを願っている。メッシ? 欲しいに決まっている。一体どうしたら、『彼なんか獲得したくない』と言えるんだい?」という、意味深なコメントを残したことを大々的に伝えた。

 イタリア有力紙の報道は、メッシの母国アルゼンチンでも驚きを持って伝えられている。

 24日、アルゼンチン紙『LA NACION』は「あのリオネル・メッシがインテルに!?」と見出しを打った記事で、「C・ロナウドの獲得でイタリアのサッカーは変わった。しかし、彼らはそれだけでは満足していないようだ。ついにはメッシを獲得しようというのだ」と、前述の詳報をまじえて綴っている。

 もっとも、この移籍が実現する可能性は極端に低いと言える。メッシは昨年11月にバルサと2021年6月までの新契約を結び、その違約金は7億ユーロ(約910億円)に設定されているからだ。

 しかし、ユーベのC・ロナウド獲得で、例年以上にイタリアの移籍市場が活気づいているのは、紛れもない事実。それだけに、インテルが巨額の資金を投じる可能性はないわけではないが……。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ