新戦力4人を先発起用!大胆采配の最下位・名古屋が首位の広島に執念のドロー

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月22日

名古屋の未勝利は15試合に伸びたが、チーム状態は上向きだ

終盤にはジョーのヘッドがネットを揺らしたが、惜しくもオフサイドの判定でゴールとはならなかった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ17節]名古屋0-0広島/7月22日/豊田ス

 J1リーグ17節の名古屋対広島が22日、豊田スタジアムで行なわれ、0-0の引き分けで終わった。
 
 名古屋は今夏に獲得した前田直輝、丸山祐市、中谷進之介、エドゥアルド・ネットの4人を先発起用。一方の広島は、前節とほぼ同じメンバーをスタメンに並べた。
 
 試合は一進一退の攻防が続いたが、どちらかと言えば広島ペースで進んだ。今季リーグ戦で1敗しかしていない首位チームは、青山敏弘の的確な展開から、サイドの柏好文らが仕掛けてチャンスを創出。得点ランキングトップのパトリックも前線で存在感を示し、何度も名古屋ゴールを脅かす。
 
 しかし、名古屋も集中力を高く保って得点は許さない。とりわけ、GKランゲラックのプレーは素晴らしく、ファインセーブを連発して決定機を防いだ。攻撃では前田やガブリエル・シャビエルが果敢に仕掛け、ジョーとの連係で広島守備陣を揺さぶった。
 
 どちらのチーム得点になりそうなシーンを何度も作ったが、結局ゴールを奪えないまま試合は終了。勝点1を分け合った。
 
 最下位の名古屋は未勝利が15試合に伸びたが、首位相手のドローは上々の結果だと言えるだろう。試合内容も上向いており、次節以降に期待が持てそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ