“愛煙家&ゲン担ぎ人間”のサッリ監督に大きな問題! チェルシー会長から下された厳命は…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月22日

ジンクスを狂ったほどに信じる指揮官だけに…。

ナポリ時代には、ベンチでもタバコを吸っていたサッリ。プレミアリーグではその行為自体が禁止されており、無類のヘビースモーカーは苦しい90分間を強いられることになりそうだ。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 自身の監督キャリアで初となる国外挑戦に胸を躍らせる指揮官に、障壁が立ちはだかった(!?)。

 現地時間7月20日、英紙『The SUN』は、チェルシーの新指揮官マウリツィオ・サッリが、自身の慣例である喫煙とジャージでのベンチ入りをクラブから禁じられたと報じた。

 元銀行員という異色のキャリアを歩みながら、自身の戦術眼を元にした攻撃的なサッカーを展開し、幾多のイタリアクラブで好成績を収めたサッリ。そんな59歳のイタリア人監督は、無類のヘビースモーカーとしても知られている。

 所かまわずにタバコを吸い、一日60本以上を消費。昨年2月のヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦でドイツのRBライプツィヒと対戦した際には、彼のために特別に喫煙エリアが設けられたというニュースも話題となった。
 

 また、サッリ監督は常にジャージで試合に臨むことも慣例にしていたが、『The SUN』によると、チェルシーのロマン・アブラモビッチ会長は、新指揮官に対して「英国らしい紳士的な振る舞いをするように」と通達。ジャージで試合に臨むことと、そして試合会場での喫煙を禁じた。

 これは、サッリ監督にとっては大きな問題となるかもしれない。単に、好きなタバコが吸えない、スーツ着用で窮屈さを味わうということではない。彼はあらゆる迷信を信じ、ゲン担ぎの対象としている人間なのだ。

 その“狂信”ぶりは凄まじく、自身のラッキーカラーが「黒だ」と思えば、選手のスパイクを強制的に黒染めにし、勝ち続けている間は必ず同じ席で食事をすることを選手にも強いる。さらに、黒猫が見かければ街に出ないなど、様々なエピソードを持っている。

 昨シーズンまで率いたナポリの名物会長であるアウレリオ・デ・ラウレンティスも、次のようにサッリ監督について話している。

「私も大概だが、サッリの迷信に対する考えは凄まじいよ。例えば、試合前に彼と挨拶をしてその試合に負けでもしたら、彼は私を目の敵にするだろうね。去年、チームが連勝していた時、私はロサンゼルスにいたんだが、彼のことを考えて、負けるまでナポリに帰れなかったんだ」

 禁煙とジャージ禁止が、その采配に狂いを生じさせることはないと願いたいところだが、これまでこの“スタイル”を貫きながら結果を出してきたサッリ監督にとって、これを封じられたことが、いかなる影響を及ぼすだろうか……。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月22日号
    11月8日発売
    2019年 Jリーグ
    移籍市場を賑わす
    目玉タレント
    湘南ベルマーレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月15日発売
    現地記者が緊急提言!!
    マドリー&マンUの
    「V字回復プラン」
    ヴェンゲル直撃インタビューも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24