最終的に日本代表から4名がランクイン! 米メディアの「ロシアW杯ベストプレーヤー100」が確定!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月17日

長友が「左SB」の4位キープで日本人最高位!

香川、長友、柴崎、そして乾。西野ジャパンが誇る四銃士が“世界ベスト100”に揃って名を連ねた。(C)Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップの閉幕を受けて、米スポーツ専門メディア『Bleacher Report』が更新し続けていた「プレーヤー・ポジション別パワーランキング」を確定させた。
 
 今大会の全出場選手を対象に、「GK」「右SB/WB」「左SB/WB」「CB」「セントラルMF/守備的MF」「攻撃的MF/ウイング」「ストライカー」の7部門に分けて、それぞれ格付けしている。大会開幕からおよそ1週間置きに最新ランクを更新してきた同メディアが、ついに“ベスト100”を完成させたのだ。
 
 準決勝を終えた時点で、日本代表からは4選手がランクインしていたが──。3位決定戦と決勝の2試合の選手評価が加味されても、人数はキープした。長友佑都が「左SB」で4位、柴崎岳が「セントラルMF」で19位、そして「攻撃的MF」で乾貴士が10位、香川真司が20位に食い込んだ。ちなみにアジアのライバル国は言うと、イランが5名で日本を上回り、韓国が1名、オーストラリアとサウジアラビがゼロとなっている。
 
 決勝で対峙したフランスとクロアチアがともに最多10名を送り込み、ベルギーとイングランドが各9名と続いた。だがフランスの部門トップが「左SB」のリュカ・エルナンデスひとりにとどまった一方で、ベルギーは「攻撃的MF」のエデン・アザールなど3名ともっとも多かった。

 
 同メディアの最終版「パワーランキング」は以下の通りだ。
 
[GK部門]
1位 ティボー・クルトワ(ベルギー)
2位 キャスパー・シュマイケル(デンマーク)
3位 ジョーダン・ピックフォード(イングランド)
4位 ダニエル・スバシッチ(クロアチア)
5位 ギジェルモ・オチョア(メキシコ)
6位 チョ・ヒョヌ(韓国)
7位 アリレザ・ベイランバンド(イラン)
8位 ロビン・オルセン(スウェーデン)
9位 ヤン・ゾマー(スイス)
10位 ユーゴ・ロリス(フランス)
 
[右SB/右ウイングバック部門]
1位 キーラン・トリッピアー(イングランド)
2位 マリオ・フェルナンデス(ロシア)
3位 トーマス・ムニエ(ベルギー)
4位 シメ・ブルサリコ(クロアチア)
5位 バンジャマン・パバール(フランス)
6位 マルティン・カセレス(ウルグアイ)
7位 ラミン・レザイアン(イラン)
8位 ルイス・アドビンクラ(ペルー)
9位 ヘンリク・ダルスゴー(デンマーク)
10位 ムサ・ワゲ(セネガル)
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ