「新しい舞台に行く時が来た」C・ロナウド、セリエA“絶対王者”ユベントスへの移籍決定! マドリーが公式発表

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月11日

気になる移籍金と年俸は?

ユーベへの移籍が決定したC・ロナウド。 (C) Getty Images

画像を見る

 ついに、サッカー史に残るエポックメーキングなビッグディールが完遂した。

 現地時間7月10日、レアル・マドリードは、ポルトガル代表FWのクリスチアーノ・ロナウドが、ユベントスへ移籍することを公式サイトで発表した。

 移籍金などの詳細については明らかにされていないものの、イタリア・メディア『Sky Sports』などによれば、移籍金は1億500万ユーロ(約137億1000万円)、年俸3000万ユーロ(約39億円)の4年契約で合意したようだ。

 2009年6月にマドリーに移籍して以来、9年間に渡ってクラブのシンボルとして君臨してきたC・ロナウドは、4度のチャンピオンズ・リーグ(CL)制覇やリーガ・エスパニョーラ2回、クラブ・ワールドカップ3回など、合計16個のタイトルをロス・ガラクティコス(※銀河系軍団の意。マドリーの愛称)にもたらしてきた。

 また個人としても、4度のバロンドールを受賞するなど、世界最高の選手としての地位を確立。通算438試合出場して450ゴールという驚異的なペースで得点を重ね、クラブ歴代最多得点者にもなった。

 前人未到のCL3連覇を成し遂げた昨シーズン終了後に「ここに居られて幸せだった」と語って、マドリーからの退団を示唆。さらにクラブのフロレンティーノ・ペレス会長との関係悪化も噂され、6月頭には新契約を断っていたことが明らかとなっていた。

 
 マドリーは公式サイトで、C・ロナウドも声明を発表。9年間プレーしたクラブへ次のようなメッセージを寄せている。一部を抜粋してお届けしよう。

「マドリーでの年月は、僕の人生の中で最も幸せな時だった。このクラブ、そしてこの街にとても感謝している。僕に愛を贈ってくれたみんなに感謝をしたい。しかし、僕は新たなステージへ踏み出す時が来たと感じた。だからクラブへ移籍を受け入れてくれるようにお願いをした。この決断を特にファンのみんなにはどうか理解してもらいたい。

 この9年間は本当に最高だった。エキサイティング時を過ごせたと思っている。もちろん、難しい時間を過ごしたこともあったけど、僕はここでサッカーを楽しんだことは決して忘れることはない。

 新しいサイクルを迎えるために僕はここを離れる。だけど、このシャツとエンブレム、そしてサンチャゴ・ベルナベウは、どこに行こうといつだって自分のものだと感じ続けるよ。全てこのクラブのおかげで成長できた。9年前に同じことを言ったけど、改めて言わせてもらうよ。Hala Madrid!(頑張れ、マドリー)」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月22日号
    11月8日発売
    2019年 Jリーグ
    移籍市場を賑わす
    目玉タレント
    湘南ベルマーレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月15日発売
    現地記者が緊急提言!!
    マドリー&マンUの
    「V字回復プラン」
    ヴェンゲル直撃インタビューも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24