「相手のことは考えるな」 黄金期を知るガスコイン、52年ぶり決勝目指すイングランドへ提言【ロシアW杯】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月10日

90年代の黄金期を知る名手だからこその提言!

20年前のイングランドを知るガスコイン。それだけに後輩たちの躍進ぶりには思うところがあるようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップは7月10日からいよいよ準決勝が始まる。ベスト4へ駒を進めてきた4か国のなかでも、並々ならぬ闘志を燃やしているのが、母国開催で優勝した1966年大会以来となるファイナルを目指しているイングランドだ。

 イングランドがW杯のベスト4まで勝ち進んだのは、1990年以来28年ぶりのこと。メジャー大会で見ても、1996年のEURO以来22年ぶりの快挙である。

 そんなクロアチアとの決勝行きを懸けた一戦を前に、元イングランド代表FWのポール・ガスコインは、後輩たちにアドバイスを寄せている。

 1990年大会とEURO1996で、同代表のエースとして君臨し、イングランド・サッカー界を代表するレジェンドは、「選手たちは恐れを抱いていないだろうが、対戦するのはクロアチアだ。彼らは素晴らしいチームだ」と英メディア『Sky Sports』で話し、イングランドの選手たちがそれぞれ責任を負わなければいけないと指摘した。
 

「イングランドの選手がやるべきは、お互いの背中を見ることだ。チームの一人ひとりが、ピッチ上でキャプテンにならなければいけないんだよ」

 そのうえで、ガスコインは、「自分たちが誰と対戦しているかも考えるな。それが私のアドバイスだ」と、サポーターを楽しませるように呼び掛けた。

「やらなければいけないのは、ファンの声に耳を傾けることだけだ。私はそうした。ファンを楽しませるんだよ」

 ガレス・サウスゲイト監督とは、1996年のEUROで苦楽を共にした盟友だ。ガスコインは、「ガレスはよくやったし、よくやっているよ」と、エールを送っている。

「今のままやるんだ。私は君を支えるよ。ロッカールームで君が何を言っているかは知らない。だけど、それは機能している」

 決勝トーナメントでは2試合続けてPK戦をこなし、疲労困憊が懸念されるクロアチアに対し、有利と目されているイングランドは、ガスコインが求めるようなファンを楽しませ、ルジニキ・スタジアムで行なわれる決勝への切符を手に入れることができるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月22日号
    11月8日発売
    2019年 Jリーグ
    移籍市場を賑わす
    目玉タレント
    湘南ベルマーレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月15日発売
    現地記者が緊急提言!!
    マドリー&マンUの
    「V字回復プラン」
    ヴェンゲル直撃インタビューも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24