“代表引退”を否定した岡崎慎司「その質問自体がピンと来ない」【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月04日

「上を目指せるうちは目指していく」

代表引退を否定した岡崎。今後も招集がかかれば、「日本のために力を尽くしたい」考えだ。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 ロシアでの冒険を終えた日本代表はベルギー戦の翌日、報道陣に対して取材対応を行なった。ポーランド戦の負傷退場も影響し、ベルギー戦を欠場した岡崎慎司が自身の去就について、想いを語っている。

 
 岡崎は、周囲で代表とは一線を引く決断をする選手が出てきているなか、自身の現在の気持ちを問われると、「考えていないですね。その質問自体がピンとこないというか。(代表引退を)言う人はいると思うし、一回区切りをつけるという人もいると思うけど、別にそれを話す必要もないと思っているし、ただ代表チームが必要と言ってくれたら行くだけ」と、代表を自ら退くという考えはなく、招集がかかれば「日本のために力を尽くしたいという気持ちは変わらない」と、現在の素直な想いを語った。
 
 一方で、岡崎は「代表引退」を宣言する選手たちにも理解を示す。
「(宣言する人、しない人)両方の気持ちが分かります。(代表から)退けば、若い選手がもっとやらなければという責任感が出てくると思うし、道は本当に人それぞれなのかなあと」
 
 代表への熱き想いを持つ岡崎自身は、やはり今後も選手として向上心を燃やして戦っていくつもりだ。
「ただ僕は一選手として、ただ単に上を目指せるうちは目指して、それを見て必要なのかとか感じてもらいながら、そこをモチベーションに感じながらやることは、これからも変わらないと思います」
 
 4年後のカタール・ワールドカップは、36歳で迎える。今後は新たな世代の突き上げもあるだろう。それでも需要があるのなら、もちろん岡崎はそれに応えるだけだ。

【日本代表PHOTO】ベルギー戦翌日、カザンのキャンプに戻った選手たち

【日本代表PHOTO】日本 2-3 ベルギー|原口、乾のゴールで日本中が歓喜するも後半ロスタイムに完璧なカウンターで逆転され初の8強進出ならず。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月8日号
    7月25日発売
    2019年シーズン
    J1全クラブ「新陣容査定」
    もっと充実しているのは?
    鹿島&山形ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ