「サッカーは生き物」代表引退の長谷部誠が描く日本代表の進むべき道【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年07月04日

「自分の中では確信できていない部分がある」

ベルギー戦後、自身のインスタグラムで代表引退を表明した長谷部。これまでの日々を振り返り、「本当に感謝しかない」と語った。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 ラウンド16でベルギーに敗れた翌日、キャプテンの長谷部誠が自身のインスタグラムで代表からの引退を発表した。
 
「日本代表にひとつの区切りをつけさせていただきたい」
 
 今回のワールドカップの前には、大会後に代表から身を引くことを決意していた。理由については、「ひとつの要素で決めたわけではなく、本当に様々な要素があった」という。強い覚悟を持って決断していた長谷部は、チームの勝利のために全力を尽くした。その結果、「本当に、やり切った」と胸を張る。
 
「これだけ長い間、サポートしてくださった方々には、しっかりと感謝を伝えたかった。今、振り返っても、多くの素晴らしい仲間やサポーターに支えられた素晴らしい時間だったと思います」
 
 日本代表としては、2010年の南アフリカ大会、14年のブラジル大会、そして今回のロシア大会と、3大会連続でワールドカップを戦ってきた。4年に一度の大舞台での真剣勝負を通じて、「様々な戦いをしてきましたけど、一歩一歩、進んでいるなという感覚があります」と、日本サッカーの成長について語る。
 
 では、その日本サッカーが今後、進むべき道について、長谷部はどう考えているのか。
 
「日本が目指すべきサッカーっていうのは、自分の中では確信できていない部分がある」
 
 これだけ長い間、第一線で活躍してきた長谷部でも明確な答を見つけられていないのは、「やはり世界のサッカーもどんどん変わっていくし、そういうものにどんどん対応していかなければいけない」と思っているからだ。
 
「今、自分が持っている感覚と、5年後、10年後に持っている感覚は、また違ってきていると思う。難しいですね」
 
 とはいえ、まったく考えがないわけではない。長谷部なりのビジョンがある。
 
「もちろん、日本人らしさとか、そういうものはあると思う。ただ相手も変わっていくし、だからサッカーって生き物だな、と。そういう柔軟性も持ち合わせなければいけない」
 
 ひとつのスタイルに固執するのではなく、時代の流れや目の前の状況に応じて、フレキシブルに戦う。それが、長谷部が思い描く日本代表の未来像なのかもしれない。

【日本代表PHOTO】ベルギー戦翌日、カザンのキャンプに戻った選手たち

【日本代表PHOTO】日本 2-3 ベルギー|原口、乾のゴールで日本中が歓喜するも後半ロスタイムに完璧なカウンターで逆転され初の8強進出ならず。

 
【関連記事】
【日本代表】勝負の分かれ目になった69分の失点、GK川島永嗣の対応は正解だったのか?
「凄まじい進歩だ!」「品格ある去り方」 ベルギー戦惜敗の西野ジャパンを仏メディアが手放し称賛【ロシアW杯】
「おっさんおっさん言われて…」長友佑都が帰国直前に異例の嘆願ツイート?【ロシアW杯】
「日本はアジアの希望だ」「彼らから学べ!」西野ジャパンの快進撃をアジア圏メディアが大いに称える【ロシアW杯】
「自己過信が招いた結末」「カガワは模範」仏メディアが日本代表のW杯を総括!【ロシアW杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ