川島よ、ならば自らの“手”で批判の嵐を弾き返してみせよ【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月28日

「覚悟がなければこの場所にはいません」

ポーランド戦の前日会見に臨んだ川島。 写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 ロシア・ワールドカップでの川島永嗣のパフォーマンスは、はっきり言って良くない。コロンビアとの初戦でファン・フェルナンド・キンテーロにFKを簡単に決められ、続くセネガル戦ではユースフ・サバリのシュートをゴール正面にパンチングしてしまうというミスを犯した。
 
 サバリのシュートへの対応については「キャッチできたはず」との批判もあったが、記者自身も「なぜ正面にパンチングしたのか?」と疑問を呈した。「立ち上がりのところで自分のミスから失点してしまって、かなりゲームを難しくしてしまったかなと」と川島がコメントしたので、確認の意味で訊いてみた。「そのミスとはあのパンチングのこと?」と。すると、彼は「そうですね」と即答し、こう続けた。
 
「自分が想像したようなプレーではなかった」
 
 このミスに対しては、世界のサッカーファンもツイッター上で「あれがワールドカップの正ゴールキーパー?」「カワシマが弾いて、マネの膝に当たってゴール。まるでコメディーだ」「あれは100%キャッチすべきボールだった」「衝撃的に酷い」と批判的に捉えていた。
 
 そうした状況下でポーランド戦の前日会見に臨んだ川島永嗣はある“覚悟”を示した。
 
「日本代表選手としてプレーするなかで、批判をされるということに対して覚悟がなければこの場所にはいません。ただ、選手としてやはり前の試合より、次の試合で何ができるかということが大切だと思っていますし、前の試合に関してはチームメイトに助けられています。だから、今度は自分が助けられるように、いいパフォーマンスをしたい」
 
 川島よ、ならば自らの“手”で批判の嵐を弾き返せ‼ ポーランド戦で求められるのは、少なくともクリーンシート(完封試合)だ。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本 2-2 セネガル|本田の同点ゴールでドロー終了、グループ突破は次戦に持ち越し

【PHOTO】現地直送第2弾! ロシアW杯を彩る『半端ない』美女サポーターたち
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ