「奇跡だ」ベッカムらに並ぶW杯史上6人目の偉業を達成した本田圭佑を世界が絶賛!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月25日

「日本が負けるかと思われた時にケイスケ・ホンダが現れた!」

途中出場ながら停滞ムードを振り払った本田が、値千金のゴールを挙げた! (C) Getty Images

画像を見る

[ロシアW杯・グループH]日本2-2セネガル/6月24日/エカテリングルク

 セネガルとの一戦、窮地に追い込まれた日本代表を救ったのは、本田圭佑だった。

 大会初戦のコロンビア戦に続いて、この試合でもベンチスタートとなった本田に出番が訪れたのは、セネガルが1点をリードしていた72分。香川真司との交代でピッチに送り出された。

 試合後のフラッシュインタビューでは、「コロンビア戦よりも良い戦いができたと思う」と淡々に語った本田だが、そのパフォーマンスはずば抜けていた。右サイドに配置された背番号4は、積極的にボールに絡むと、投入からわずか4分後に大仕事をやってのける。

 大迫勇也が上げたクロスに岡崎が飛び込んで相手GKと交錯。流れたボールを乾貴士が中央に折り返す。再び岡崎がニアサイドで潰れ、ファーサイドで待っていた本田が左足で流し込んだのだ。

 セネガルに勝ち越しを許して苦しんでいた日本を救う値千金の同点弾。まさしく“持っている”と言える一撃であった。
 

 さらに本田はこの試合で、自らが“持っている”ことを証明する記録を達成した。なんと、このセネガル戦でのゴールで、ワールドカップ3大会連続となる得点とアシストの両方を記録した史上6人目の選手となったのだ。

 多くのスター選手たちが歴史を紡いできたワールドカップだが、同記録を達成した選手は意外と少ない。あのデイビッド・ベッカム(イングランド代表)やアリエン・ロッベン(オランダ代表)、アサモア・ギャン(ガーナ代表)、グジェゴシ・ラトー(ポーランド代表)、ルディ・フェラー(ドイツ代表)に続く達成者となったのである。

 そんな快挙もやってのけた本田へは、各国メディアからも多くの賛辞が寄せられた。スペイン・メディア『Depor.com』は、本田について、「奇跡だ。ホンダは点を取るのに5分と必要としなかった」と銘打ち、次のように得点シーンを描写した。

「日本がセネガルに負けるかと思われた時、ケイスケ・ホンダは現れた。そして日本のために同点ゴールを決めてみせた。彼はベンチで辛抱強く待ち続け、72分にピッチへようやく送り出されてからすぐに結果を残したが、それ以外にも日本にリズムをもたして、攻撃を活性化させていた」

 追い込まれた日本を救い出した本田。その存在はグループ突破を懸けてポーランドとの最終節に臨む西野ジャパンにとって頼もしいかぎりだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ