「ナイジェリアが最後の命をくれた」決勝Tへ望みが膨らんだアルゼンチンで感謝の声続々!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月23日

いざ、過酷なミッションへ!

ナイジェリアがアイスランドを下したことでグループ突破へ可能性が膨らんだアルゼンチン。国民の望みを叶えるためにはメッシの活躍は必要不可欠だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地6月22日、ロシア・ワールドカップはグループDの第2戦、ナイジェリア対アイスランドの一戦が行なわれ、2-0でアフリカの精鋭軍団が今大会初勝利を手にした。

 試合は負ければ敗退となるナイジェリアが、アグレッシブに仕掛ける展開が続くなかで、49分と75分に開催国ロシアの名門CSKAモスクワでプレーするアーメド・ムサがゴールをゲット。追いすがるアイスランドは80分にギルフィ・シグルドソンがPKを失敗するなど、決定機を逸し、試合はタイムアップの瞬間を迎えた。

 勝点3を積み上げてグループ単独2位に浮上したスーパーイーグルス(ナイジェリア代表の愛称)が喜びに浸るなか、ともすれば、彼らよりも大きな歓喜に沸いたのは、アルゼンチンの人々だ。試合前日に行なわれたクロアチア戦で0-3と惨敗を喫していた南米の雄は、仮にアイスランドが勝ってしまった場合、最終戦に勝つだけでなく、得失点差でひっくり返さなければグループリーグ敗退が決まるという危機的状況下にあった。

 生き残りへの望みが膨らんだことでクロアチア戦後には、「恥晒し」や「ロープ際に追い込まれた」など、落胆ムード一色だったアルゼンチン・メディアも再び威勢を取り戻しつつある。全国紙『Clarín』は「ナイジェリアが我々アルゼンチンに最期の人生を与えてくれた」と記し、26日の火曜日に行なわれる直接対決に向けては、「惨いことかもしれないが、彼らに救済のお返しをしなくてはいけない」と綴った。
 
 また、アルゼンチンのスポーツ専門メディア『Tyc Sports』も、「ナイジェリアがアルゼンチンに命をくれた」と他媒体と同様に感謝を綴り、窮地からの脱出を願って代表チームへ発破をかけた。

「ロシアで抱いた幻想が現実のものとなるかもしれない。火曜日の対戦では全身全霊を尽くして戦わなくてはいけない。それこそが昨日まで不可能と思われていたことをやり遂げて、我々が復活する唯一の術だ」

 まさに首の皮一枚で残留への可能性が残されたアルゼンチンが、自力でグループ突破を決めるための条件は、最終節のナイジェリアに勝利し、なおかつアイスランドが引き分け以下で終わること。はたして、その過酷なミッションを水色と白の戦士たちはやり遂げることができるのだろうか。全ては来週の火曜日に決着する。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ