【日本代表】酒井宏樹がイメージする"二段構え"の備え「予選リーグ突破をリアルに考えた場合…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月23日

「サッカー選手である以上、勝ちたい気持ちは当然ある。だけど…」

セネガルに勝てばグループリーグ突破が決まる可能性もあるが……。酒井宏は極めて冷静だ。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 セネガル戦では「前がかりになって勝点1を逃すようなことは絶対してはいけない」。そう語るのは、酒井宏樹だ。セネガルを叩いて勝点6に伸ばせば、日本のグループリーグ突破はほぼ確実なものになる。早々に16強進出を決定付けたい選手の立場とすれば欲が出そうなものだが、この右サイドバックは冷静そのものだ。
 
「試合状況によりますけど、攻めている時こそ確認して、そういうところのオーガナイズが大事になってくる。(セネガルの)長所はカウンターですし、スペースを与えた時にどれだけ仕事をさせないかが大事。僕らのポジショニングだったり、責任感をはっきりすることが重要になる」
 
 勝点1を確保するために、重要なのは守備のバランスだ。不用意に前がかりになって、セネガルの武器であるスピーディなカウンターを食らうのが最悪のシナリオ。酒井宏は、それだけは避けなければならないと力を込める。
 
 とはいえ、ただ引いてブロックを敷こうとは思っていない。狙うのはアグレッシブかつ全体が連動した前線からの守備だ。「11人すべてが大事ですし、プレッシャーをかけて取り切れるか」。そのうえでプレスを抜けてきた相手には、「後ろもファウルするポイントや位置が大事になって来る」と二段構えで対応するつもりだという。
 
「サッカー選手である以上、勝ちたい気持ちは当然ある。だけど、予選リーグ突破をリアルに考えた場合、どういう風にやっていくかを変える必要はある」
 
 端から引き分けを狙いに行くわけではないが、不必要なリスクを負うつもりもない。グループリーグ突破という目標を見つめる酒井宏は、熱いハートと冷静な頭脳でセネガル戦に挑むつもりだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ