「もう誰にも止められない」C・ロナウドが欧州最多得点記録を更新! でも世界記録には…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月20日

C・ロナウドをさらに凌ぐFWはあの「ペルシアン・タワー」

偉業を成し遂げたC・ロナウド。お決まりのゴールパフォーマンスもバッチリきまった。 (C) Getty Images

画像を見る

[ロシアW杯グループB] ポルトガル 1-0 モロッコ/6月20日/ルジニキ(モスクワ)

 ポルトガル代表FWのクリスチアーノ・ロナウドは、名実ともに欧州最高のストライカーとなった。

 6月15日のロシア・ワールドカップ初戦、スペインとの“イベリア・ダービー”においてハットトリックを達成していたC・ロナウドは続くモロッコ戦でも先発出場を果たすと早々にネットを揺らす。右サイドからのショートコーナーで、ゴール前にあげられたボールに鋭く反応し、ダイビングヘッドでゴールへねじ込んだ。

 ポルトガルに今大会初勝利をもたらしたC・ロナウドは代表戦通算の得点を「85」に。これによって、かつてハンガリー代表としてサッカー史に名を刻んだ伝説的なストライカーであるフェレンツ・プスカシュが、1945年から1956年にかけて89試合に出場して記録した「84」を抜き、欧州の選手が代表チームで記録したゴール数で歴代1位に立った。
 
 まさに欧州史上最高の点取り屋となったC・ロナウドには、地元メディア『O Jogo』も誇らしげだ。次のように記している。

「ポルトガル代表のキャプテンは、プスカシュを抜くのに4分と必要としなかった。ハンガリーの偉人が持っていた記録を破ったC・ロナウドは、欧州でこれまでにいない史上最高のストライカーとなった」

 また、マドリー贔屓の報道をすることで知られているスペイン紙『Marca』は、エル・ブランコ(白い巨人の意。マドリーの愛称)の大黒柱でもあるC・ロナウドに賛辞を寄せている。

「クリスチアーノはもう誰にも止められない。プスカシュの記録を抜き去ったのだから。ロシアW杯でもピチーチ(スペインでの得点王の意)の筆頭候補だ」

 なお、欧州以外も含めた世界全体で見れば、C・ロナウドは歴代2位だ。ポルトガル代表の千両役者をも凌駕し、1位に君臨しているのは元イラン代表FWのアリ・ダエイ氏である。日本代表も苦しめてきた『ペルシアン・タワー』は、なんと通算109ゴールを記録している。

 33歳を過ぎて、衰えぬ得点感覚を如何なく発揮しているC・ロナウドだが、ダエイ氏の記録に並ぶのは容易ではないか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ