VARの洗礼を浴びた韓国。“経験者”吉田麻也は「慎重に、慎重に、慎重に」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月19日

「ペナの中では、足は出せないですね」

昨年11月のブラジル戦では、VAR判定でPKを献上している吉田。この経験を教訓に、コロンビア戦では不用意なファウルを取られないようにしたい。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 6月19日の日本対コロンビア戦の前日には、日本の永遠のライバルである韓国がスウェーデンと対戦。結果は1-0でスウェーデンの勝利。アンドレアス・グランクビストのPKで決着をつけた。
 
 このPKの判定には、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が採用された。73分、ヴィクトル・クラーソンがエリア内で倒された場面は、最新のテクノロジーによってジャッジされたのだ。
 
 昨年11月のブラジルとの親善試合で、国際Aマッチで初めてVARを体験した日本は、7分の相手CKの際、吉田麻也が相手選手を倒したとのビデオ判定を受け、PKを献上。これをネイマールにきっちり決められた後も2失点し、1-3の完敗を喫している。
 
 VARで苦い思い出がある吉田は、韓国対スウェーデン戦のVAR判定を引き合いに、自身の実体験とそれからの教訓について問われると、「ペナの中では、足は出せないですね。慎重に、慎重に、慎重に、プレーしなければいけない」と、自らに言い聞かせるように答えた。
 
 もちろん、いざとなれば思い切ったディフェンスでピンチを潰すはずだが、“VAR経験者”である吉田なら、不用意なファウルは取られないはずだ。

【日本代表PHOTO】SAMURAI BLUEがモルドビア・アレーナで前日会見と練習

【ロシアW杯PHOTO】随時更新!タタールスタン共和国で旨いものを食いまくる!
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ