「最大の衝撃!」「君たちは英雄だ」天敵ドイツを撃破したメキシコ代表を国民もメディアも大絶賛!

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月18日

後半は指揮官の名采配が奏功

ドイツ戦では黒子役として出色の出来を見せたチチャリート(右)。重鎮はタイムアップの瞬間、こみ上げる想いを抑え切れず泣き崩れた。(C)Getty Images

画像を見る

 激しい闘争心、惜しみない運動量、そして攻守両面での一糸乱れぬ連動性。もはやアップセットとは言わせない。メキシコ代表は勝つべくして、大国ドイツに勝利したのだ。
 
 6月17日のグループF第1節、首位通過を争う両国がモスクワで激突した。ボール支配で劣勢に立たされながらも高質な堅守速攻をツボにはめたメキシコは、35分にイルビング・ロサーノが鮮やかに先制点を奪う。その後もドイツの猛攻を受けながら、機を見てはカウンターで手数を出し、ゲームを掌握し続ける。用意周到なゲームプランを完遂し、1-0の快勝を収めた。
 
 メキシコにとってドイツは、文字通りの天敵だ。今回の対戦を前にした通算成績は1勝5分け5敗。唯一の勝利は1985年と大昔の話である(つまりは33年ぶりの勝ち星)。ワールドカップでは3度対戦し、1分け2敗。1978年大会のグループリーグと98年大会のラウンド・オブ16で敗れ、86年大会は準々決勝で1-1からのPK戦で苦杯を舐めた。とりわけダメージが大きかったのは自国開催だった86年大会の屈辱で、メキシコはその大会を最後に8強の壁を崩せないでいる。ドイツは苦手な対戦相手だった。

 
 それだけに、喜びもひとしおだ。今回のワールドカップでの初勝利を受け、地元メディアは母国代表チームに手放しで賛辞を贈っている。
 
 スポーツ専門チャンネル『FOX Deportes』は「メキシコ・フットボール界にとって最大の衝撃だ」と題し、代表チームの組織力を高く評価。「ドイツは時間が経つにつれて焦りを増長させていった。まさにメキシコの術中にはまり、2点目、3点目を取ってもおかしくないほどだった」と称えた。かたや、全国紙『Milenio』はファン・カルロス・オソリオ監督の采配を褒めちぎった。「あの時間帯に先制点を奪えたのは理想的だったし、その後の戦い方を楽にした。後半のオソリオ監督の交代術は見事。ドイツはマルコ・ロイスやマリオ・ゴメスを投じてきたが、巧みに交代のカードを切って守備を強化して応対したのだ。動じることなく、実に冷静だった」と報じている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ