アメリカ 対 ポルトガル|エースが敗色濃厚のチームを救う大仕事

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年06月23日

敗退濃厚の終了30秒前にC・ロナウドが同点アシスト。

【ポイントレビュー】
 
 多数の負傷者を抱え、満身創痍の状態で臨んだポルトガルが、開始早々の5分に相手のクリアミスを拾ったナニのゴールで先制する。しかし、その後は守備の柱のペペを出場停止で欠いた影響もあり、不安定な守備ラインがアメリカの猛攻に晒される。
 
 アメリカは、64分にジョーンズの鮮やかなミドルシュートで同点とすると、さらに足の止まったポルトガルに対して、粘り強く繰り返したサイドアタックが奏功。そしてついに81分、アメリカは右SBイェドリンの攻撃参加からチャンスを作り、最後はデンプシーが押し込んで逆転に成功する。
 
 負ければ敗退が決まるポルトガルは終盤、最前線へのアーリークロスを多用し、ゴールをこじ開けようとするが、自陣に強固なディフェンス網を敷くアメリカに苦も無く撥ね返されてしまう。アディショナルタイムの5分にさしかかり、万事休すかと思われた。
 
 しかし、タイムアップ寸前の95分、エースが最後に大仕事をやってのける。右サイドを駆け上がったC・ロナウドが、中央に走り込んだヴァレラにピンポイントのクロス。これをヴァレラが頭で押し込み、土壇場で追いついたポルトガルが、最終戦にグループリーグ突破の望みをつないだ。
【関連記事】
GROUP G 日程・結果
【W杯 大会11日目プレビュー】アメリカ対ポルトガル戦
【W杯キープレーヤー解体新書】クリスチアーノ・ロナウド|チームのレベルを押し上げる圧倒的クオリティー
【W杯 伝説への挑戦】惨敗からのスタートで、改めて問われるC・ロナウドの真価
【W杯キープレーヤー解体新書】ジョアン・モウチーニョ|中盤と前線をつなぐ質の高いリンクマン

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ